TBS CSR

  • TBS CSR
  • > 社会貢献イベント
  • > 安東弘樹アナウンサーが肢体不自由の子ども達にむけコミュニケーションの授業を実施

イベント 〜社会貢献〜

(社会貢献)

安東弘樹アナウンサーが肢体不自由の子ども達にむけコミュニケーションの授業を実施

安東アナウンサーが特別授業を行いました
安東アナウンサーが特別授業を行いました

安東アナウンサーが自らプログラムを考案

TBSはCSR活動の一環として、1月30日(月)に都立城北特別支援学校に於いて、肢体不自由の中学生、高校生72人を対象に「コミュニケーション力向上」を中心とした特別授業を実施しました。講師は安東弘樹アナウンサー。

会場の様子
会場の様子

肢体不自由の子どもが、積極的に社会参加するためには「コミュニケーション力」の習熟が必要であるという学校側の意向を受け安東アナウンサーがアナウンサーの対話スキルを活かしたプログラムを自ら考案しました。
子ども達は積極的に安東アナウンサーと対話。授業後に感想を聞くと「将来は営業の仕事に就きたいので、今日はとても勉強になり楽しかった。」など、前向きな返答を頂くことができました。

また安東アナウンサーの体験を元に、番組が作られる過程などを解説するコーナーも盛り込み、こちらのコーナーも「面白くて分かり易かった」と子ども達の関心を集めました。

尚、2016年4月1日に施行された障害者差別解消法は、障害のある人もない人も共に暮らせる社会の実現を目指し、民間企業にも必要な配慮を義務づけています。