TBS CSR

  • TBS CSR
  • > 社会貢献イベント
  • > 視覚障害の方を対象にスペシャルドラマ「月に行く舟」の音声解説つき 特別上映会が行われました

イベント 〜社会貢献〜

(社会貢献)

視覚障害の方を対象にスペシャルドラマ「月に行く舟」の音声解説つき 特別上映会が行われました

全盲の美女と編集者との美しくも儚い恋物語
全盲の美女と編集者との美しくも儚い恋物語

段落終わり

6月27日(土)日本点字図書館に於いて、CBCテレビ製作のスペシャルドラマ「月に行く舟」の音声解説つき特別上映会が行われました。(音声解説とは登場人物の動きや背景等
の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。)

全盲の美女(和久井 映見)と編集者(谷原 章介)の列車を待つ刹那の美しく切ない恋模様を描いたもので、脚本は「愛しているといって言ってくれ」「ビューティフルライフ」などで名高い北川悦吏子が担当しました。

この作品は2014年10月4日にTBS系全国28局ネットで放送し好評を博しました。
今回の経緯は、放送終了後「日本点字図書館」から、視覚障害の方を対象とした「特別上映会」を開催したいとお申し出があり、製作したCBCテレビが著作権をクリアにし、実施に至りました。

来場された方に感想を聞くと「視覚障害の私にとって、深い内容の作品。考えさせられました。また夢とロマンもあり良かった。感動で胸がいっぱいになりました。」
と答えて下さいました。

尚「日本点字図書館」はこのようなイベントも行っていますが、主に視覚障害の方を対象に図書の貸し出しを行っています。しかし「点字〜」という名称とは裏腹に、現在「点字本」よりも「音声本」の貸し出しが主流です。理由は全国の視覚障害者は約30万人のうち点字に習熟している方は約2万人。そのため音声によるニーズが高いのではないかと言われています。音声本は音訳ボランティア(アナウンサーがニュースを読むような手法が理想。)などにより作成されています。

試写会場の様子
試写会場の様子
皆様にご挨拶する利根川CSR推進部長
皆様にご挨拶する利根川CSR推進部長