TBS CSR

各局対抗ゴーヤ大作戦

ゴーヤで緑のカーテンづくり

地球温暖化対策の具体例として、お天気キャスターの森田さんと2007年に始めたTBS正面通路での緑のカーテンづくり。

初年度は苗の植え付けから途中経過、実が成るまでを中継すると共に、
緑のカーテンの内側通路は外側道路に比べて3〜4度低くなるのを実証。
当時はプランターに植えられているゴーヤを見て、行きかう人からは「これ何ですか」と聞かれる事がほとんどで、存在を情報発信する価値がありました。

設置場所は、陽当たりが悪い・土が無い・雨が当たらないの3悪条件が揃っていて、それでも元気に葉を茂らせ、実を付けるゴーヤは夏の緑化に最適な事を示しています。
CSR推進部が発足してからは社内の部局対抗にして、一番早く雌花が咲いた所を表彰、一番早くゴーヤの実が15センチに達したところを表彰、と楽しみながら育成。ゴーヤの実は社員食堂でゴーヤチャンプルーに、ゴーヤの葉の天ぷらも好評です。