過去の放送内容

2019年7月の放送内容

パラ陸上・投てき選手の斎藤由希子選手と鉄道写真家の武川健太さんとの対談を1ヶ月に渡ってお届けします。

斎藤由希子
×

斎藤由希子 - 陸上 投てき選手

宮城県気仙沼市出身。25歳。
生まれつき左腕の肘から先がなく生後6ヶ月で義手をつける。
12歳の時に父を亡くした後、母親に女手一つで育てられた。
中学の時に陸上の砲丸投げを始める。
高校2年の時に東日本大震災に遭って自宅が津波で流され、半年間、避難所生活を余儀なくされた。

2014年仁川アジアパラ競技大会 砲丸投げ・円盤投げ 金メダル 2016年パラ陸上競技世界選手権大会 砲丸投げ・円盤投げ 金メダル 2017年パラ陸上競技世界選手権大会 砲丸投げ・円盤投げ 金メダル 2018年WPA北京グランプリ 砲丸投げ・円盤投げ・やり投げ 金メダル
東京2020パラリンピックではやり投げで金メダルを狙う。
“被災した気仙沼市出身の人間が活躍することで東北の人々を元気づけたい” と胸に秘める

武川健太 - 鉄道写真家

宮城県登米市出身。26歳。
幼い頃から鉄道が大好き。
中学で不登校・ひきこもりとなった時、指導者の薦めをきっかけに鉄道写真家を志す。
東北の鉄道と人をテーマにした写真に定評がある。
東日本大震災を経験後は、被災地の鉄道と人に関連した写真を撮り続け、個展の開催や学校への出張授業など意欲的に行う。
また、東北各地の鉄道を巡る写真ツアーも企画し、東北の美しさを世界へ広めようと活動する。

写真展「残したい、東北の鉄道風景」
「一期一会」
「僕らが、写真でできること」
「宝物をさがして」 など

7月の放送ラインナップ

7月3日
人生を変えた運命のいたずら
7月10日
限界を超えたゾーン体験
7月17日
天才のあくなき挑戦
7月24日
2人が愛するかけがえのない存在
7月31日
未来に残したい東北の風景

このページのトップへ