2008年12月16日
TBS総務局 広報IRセンター

 TBSは、12月16日午前10時よりグランドプリンスホテル赤坂にて開催いたしました臨時株主総会で、「認定放送持株会社」移行に向けた2つの議案(第1号議案 吸収分割契約承認の件、第2号議案 定款一部変更の件)についてお諮りし、議決権を行使された株主の3分の2以上の賛同を得て、可決・承認されました。
 この後、認定の申請を行い、総務大臣による認定を受けることが出来れば、株式会社東京放送は2009年4月1日より、認定放送持株会社に移行いたします。商号につきましては「株式会社東京放送ホールディングス」(略称「TBSホールディングス」)に変更し、引き続き上場会社となります。
 また、完全子会社である株式会社TBSテレビは、テレビ放送免許承継の申請を行い、これが認可されれば、同日より、テレビ放送事業および映像・文化事業に関する権利・義務を承継いたします。商号の変更は予定していませんが、略称を「TBS」とし、放送局として名実ともにTBSグループの中核事業を担ってまいります。

○本日の臨時株主総会について
総会出席者数(352)名
開始時間(午前10時00分) 終了時間(午前11時05分)
所要時間(1)時間(5)分