2008年11月10日
TBS総務局 広報IRセンター

 11月10日(月)、(株)東京放送の「2009年3月期 第2四半期説明会」が行われました。概要は以下のとおりです。

出席者:
代表取締役社長 井上弘、代表取締役専務 城所賢一郎
専務取締役 平本和生、TBSテレビ常務取締役 石川眞実
参加者:
およそ100名

<認定放送持株会社へ>井上社長

 先週の取締役会で、来年4月1日を予定日として、放送事業および映像文化事業をTBSテレビに承継させる会社分割を行うことを決議した。来月16日の臨時株主総会で株主の皆様のご承認を得た上で、放送法が定める認定放送持株会社に移行し、商号を「(株)東京放送ホールディングス」に変更して、引き続き上場会社となる予定だ。原則として、テレビの放送事業と映像文化事業に関する全ての権利・義務とこれに関連する資産をTBSテレビに承継させる。一方、不動産部門の収益の柱である赤坂Bizタワーやレジデンスは、これまで通り東京放送ホールディングスに残る予定だ。放送事業を取り巻く経営環境は、一段と厳しさを増しているが、現在プロダクション機能のみを担っているTBSテレビに放送免許や事業を承継し、「免許・編成・制作の一体化」を実現する事によって、テレビ放送事業の基盤強化に努める所存だ。
 また、認定放送持株会社においては、1株主が33%を超える議決権を保有できないという出資制限が設けられているが、これは、放送事業の中立性・公共性を維持し、ひいては、その経営基盤の安定を図るための施策であると理解している。こうした点を踏まえ、グループ経営の効率化と安定性、そしてグループの企業価値と株主の皆様の共同の利益を最大化するという観点から、認定放送持株会社への移行がベストであると判断致した。

<業績予想の修正について>

 金融不安やそれに伴う世界経済の後退懸念などから広告市場は低迷を続けており、下期に入っても回復の兆しは見えていない。このため、厳しい経営環境が続くと想定し、下期のタイムとスポットの見通しを前回計画よりそれぞれ4.1%と3.7%引き下げた。下期以降も更に番組制作費の削減を図るなど、より一層の経費削減する方針だが、現時点においては、放送収入の落ち込みをカバーするのは困難な状況であることから、単体の通期の業績予測の売上高を30億、営業利益を25億、下方修正した。連結に関しては、単体の修正とスタイリングライフグループを加えたことにより、通期の業績予測の売上高を555億上方修正した。営業利益は変更なし。

<新・中期経営計画 V!up2012>

 景況感の悪化に伴って、広告市況は前年割れの状況が続いており、今後2年程の間、スポット市場がマイナスとなるような大変厳しい状況が続く可能性もあるとみている。一方、当社の経営体制も来年4月より、認定放送持株会社に移行する予定だ。このような現状を踏まえ、これまでのV!up計画を全面的に修正し、新たに中期経営計画「V!up2012」をとりまとめた。最終目標年度の2012年度には、視聴率トップを実現すると共に収益力の高い視聴者バランスの良い番組編成を進め、スポット5局シェア25%の獲得を目指す。これにより、6%の連結売上高利益率を確保したいと考えている。
 企業環境が大きく変化する中で、当面は、収益とコストのバランスをより重視した経営が求められると判断し、経営指標として、今回は利益率を目標に掲げたが、企業価値の創造を訴求力のある番組・コンテンツの制作・開発に置き、放送事業者としてトップを目指すというV!Up2010計画の本質を、新計画においても発展的に継承していく。

<09年3月期第2四半期決算の概況>平本専務

●連結の損益成績
 売上高は1,784億9百万円で前年より195億47百万円=12.3%の増収。単体が約14億円の減収だったが、新たに連結対象となったSLG=スタイリングライフ・グループの売上高187億円が加わった結果、大幅な増収となった。営業利益は97億78百万円で10億88百万円=10%の減益。SLGの利益7億80百万円が加わったが、単体の16億30百万円という大幅な減益をカバーできなかった。経常利益は113億34百万円で11億25百万円=9.0%の減益。

<視聴率状況、編成戦略ほか>石川常務

 上期の視聴率は(全日7.3%で4位、G帯11.1%で4位、P帯10.9%で5位)、昨年同期に比べ全体的に少し下降した。10月新編成はG・P帯(ドラマ&MBS枠含む)で改編率46.4%という大幅な番組の入替えを行った。シャッフルの効果がわかるのはこれからだが、ドラマや「情報7daysニュースキャスター」など手応えが出てきている。
 年末には、シリーズ・激動の昭和「あの戦争は何だったのか」、ドラマやドキュメンタリーなどでお届けする4時間を超えるスペシャル企画。ドラマの主役・東条英機役にはビートたけしさん、その他出演陣も超豪華な顔ぶれでお届けする。また年末恒例の「輝く!日本レコード大賞」は記念すべき50回目。歴代の大賞受賞者など豪華ゲストを迎えてお送りする。一昨年ご好評を頂いて以来、今年も放送日は12月30日。
 最後に今後公開される映画だが、いよいよ11月22日、「私は貝になりたい」が公開となる。TBSが誇る、テレビ史に残る不朽の名作が現代によみがえる。新年2009年1月17日には「日本沈没」に匹敵する超大作「感染列島」が公開されるので期待している。

以上