2008年10月09日
TBS総務局 広報IRセンター

 TBSは、アメリカ4大ネットワークの一つABCに続き、“Wipeout(ワイプアウト)”の制作会社Endemol USA(エンデモル・ユー・エス・エー)を相手取り、番組の差し止めと損害賠償を求めて、本日午前(現地時間8日正午)、カリフォルニア連邦地方裁判所に提訴しました。提訴理由は、米ABCと同様、Endemol USAが制作した“Wipeout(ワイプアウト)”が、TBSの『風雲!たけし城』や『SASUKE』、『KUNOICHI』と番組コンセプトや演出方法が酷似しており、著作権侵害に当たるというものです。

 “Wipeout(ワイプアウト)”は、米ABCが今年6月から毎週火曜日のプライムタイム帯(午後8時〜9時)で放送を開始した番組。一般の視聴者が屋外に設置された様々なゲームアトラクションにチャレンジするというもので、放送開始以降、視聴率で放送日の全局番組中トップとなるなど、米ABCでは、この夏最大のヒット番組となっています。

 この番組は、オランダに本社を持つEndemol社の米現地法人Endemol USAで制作され、Endemol社が“Wipeout(ワイプアウト)”の番組本体の放映権とフォーマット権(“Wipeout”の現地版の制作・放映権)の海外販売を手掛けています。Endemol社は世界25ヶ国に活動拠点を持つ世界最大規模の制作会社で、海賊版の防止や「フォーマット権」の法制化を目標に掲げる国際団体FRAPA(Format Recognition And Protection Association)の中心メンバーでもあります。

 80年代後半に日本で大ヒットしたTBSの『風雲!たけし城』は、海外でも人気が高く、TBSでは既に50を超える世界の国々にライセンス販売しています。アメリカでも“MXC(エム・エックス・シー:Most Extreme Elimination Challenge)”というタイトルで、03年から英語の吹き替え版が放送され人気を博しており、そのフォーマット権もアメリカを始めとする10カ国以上にライセンス販売されています。また『SASUKE』と『KUNOICHI』のアメリカ版“Ninja Warrior”も06年以降、評判を呼んでおり、巨大障害コースに挑戦する番組コンセプトは、アメリカでも広く知られ、アメリカに新たなゲーム・ショー・ブームをもたらしたとも言われています。

 “Wipeout(ワイプアウト)”は、上記TBSの各番組の持つ基礎的な構造から番組のフォーマット、イベントの流れ、ナレーション、多くの障害物コースや撮影方法、音楽の効果に至るまで、多岐にわたって酷似、合わせて海外への販売も積極的で、到底看過できるものではないことから、TBSは、米ABCに続き、Endemol USAの提訴に踏み切ったものです。