2008年09月17日
TBS総務局 広報IRセンター

TBSでは、2008年度後期(9月26日初講義)、立教大学社会学部メディア社会学科に寄付講座「“論”これからの放送メディア」を開講します。
この講座は、大きな転換期にある放送事業と大学でのメディア教育分野において、実務的な知識の取得と次代を担う人材育成が必要であるとの共通認識のもと、実施するものです。

対象学生は、立教大学社会学部に2006年度から新設されたメディア社会学科の2、3年生。講義は第一線で活躍中のTBS社員が講師となり、「テレビの現場から(報道・バラエティー・スポーツ・ドラマ)」「広告媒体としてのテレビ、営業の話」「放送倫理と放送表現」「視聴率の仕組み」「聴けば見えてくるラジオ〜ラジオの魅力〜」などをテーマに、毎週1回ゼミナール形式で進行します。

現段階での講義プログラムは以下の通りです。

1ガイダンス
2現在の放送局を巡る環境 〜これからの放送局経営〜
3テレビの現場から<ドラマ>
4テレビの現場から<バラエティー>
5最先端技術
6テレビの現場から<スポーツ>
7TBSの映画
8広告媒体としてのテレビ<営業>
9テレビの現場から<報道>
10視聴率のしくみ
11放送倫理と放送表現
12聴けば見えてくるラジオ〜ラジオの魅力〜
13ニュース・情報番組ができるまで&ワークショップ(出前授業)
14まとめ

以上