2006年12月21日

株式会社東京放送は、東京都港区赤坂において、TBS放送センター(現本社屋)に隣接する約1万坪の敷地を利用した複合再開発計画を推進してまいりましたが、本日、オフィス・商業施設棟「赤坂Bizタワー」(仮称)を上棟いたしましたのでお知らせいたします。(建物完成は平成20年1月を予定しております。なお、オフィス・商業施設棟の他に文化施設棟、住宅棟の建設も同時に進めております。)
また、開発推進にあたり計画全般にわたる「プロジェクトマネジメント業務」を三井不動産株式会社に委託しております。

本計画は、赤坂の地を特徴付ける起伏ある地形や開発敷地内の樹木を保存しながら、それらをデザインコンセプトに反映させた設計となっており、地域の人々が親しみを感じるランドスケープデザインとなっております。
オフィス・商業施設棟のデザインにつきましてはガラスをメインに使用することで空に溶け込むような透明感のある外観となっており、更に建物南面にセラミックルーバーを多用することで文化・情報の発信地である赤坂に相応しい特徴あるデザインとなっております。

4階から38階のオフィスフロアーにつきましては、博報堂DYホールディングスを初めとする博報堂グループ、株式会社毎日放送、東芝イーエムアイ  株式会社、ロイター・ジャパン株式会社などの入居が決定し、テナント営業も大変順調に進んでおります。

2008年1月末の建物完成時にはACTシアター、赤坂BLITZを含む文化施設棟、閑静な住環境において都心居住に相応しい住まいを提供する住宅棟も完成し、さまざまな人が交流し新しい価値・文化が創造される地となるとともに、当開発により更に赤坂の街が活性化していくものと考えております。
また、TBSではブランドイメージと収益を高める経営計画「Vアップ2010」を展開中でございますが、この再開発計画の完成を記念し、Vアップの目標にも資するような「グランドオープン・イベント」を企画中です。

なお、当開発計画の竣工後、オフィス・商業施設棟および住宅棟について、マスターリース業務(一括転貸)ならびに、建物の運営管理業務を三井不動産  株式会社に委託する予定です。

以上