2006年03月29日
TBS総務局広報部

当社は、本日(平成18年3月29日)開催の取締役会において、下記のとおり子会社株式評価損の計上を決議いたしました。これに伴い、平成17年11月16日の中間決算発表時に公表した業績予想を修正いたします。
なお表題の件につきまして「東証TDnet」上にも情報を開示いたしました。
 

1.子会社株式評価損について
 当社連結子会社である株式会社横浜ベイスターズにつきまして、その財政状態、事業計画等を勘案し、当社保有の株式に対する評価損を平成18年3月期において計上することといたしました。この評価損およびこれに伴う一連の処理により計上する特別損失の金額は、現時点におきまして、連結でおよそ30億円、個別でおよそ49億円と見込んでおります。

2.業績予想の修正について
 前記1.を踏まえ、平成17年11月16日の中間決算発表時に公表した平成18年3月期の業績予想を次のとおり修正いたします。

(1) 連結 (単位:百万円)
売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
(平成17年11月16日発表)
300,600 14,500 17,700
今回修正予想(B) 300,600 13,700 13,900
増減額(B-A) -800 -3,800
増減率 -5.5% -21.5%
前期(平成17年3月期)実績 301,731 21,981 9,890
なお、連結における経常利益の修正額は、当社持分法適用会社である株式会社ビーエス・アイが計上する横浜ベイスターズ株式の評価損の影響を見込んだものであります。


(2) 個別 (単位:百万円)
売上高 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A)
(平成17年11月16日発表)
262,800 11,000 16,000
今回修正予想(B) 262,800 11,000 11,400
増減額(B-A) -4,600
増減率 -28.8%
前期(平成17年3月期)実績 262,913 19,072 9,104
 なお、平成18年3月期の年間配当予想(22円、ただし期末配当11円)についての変更はありません。


(注)
  上記の予想は本資料の発表日現在において入手可能な情報及び将来の業績に影響を与える不確実な要因に係る本資料発表日現在における仮定を前提としています。実際の業績は、今後様々な要因によって異なる結果となる可能性があります。

以上