2006年03月16日

◆経緯
当該番組のAP(アシスタントプロデューサー)だった外部スタッフ(現在31才)が、番組に関わっていた当時(‘01年5月〜‘05年4月)、番組に関連する様々なデータを、個人が所有するパソコンを会社に持ち込んで作成していました。また、そのパソコンを自宅に持ち帰り、自宅でも同様の作業を行うことが常態化していました。調査の結果、ウィニーを介してネット上に流出したデータの一部が、当該APが作成したものであることが確認されました。
流出したデータはタレント及びその関係者分として約100件、番組への一般出演者及び応募者分約400件(AP本人の住所録含む)、TBS及び番組スタッフ関係者分約40件。

◆流出したデータ
〇番組出演者名および連絡先リスト表
 (事務所の電話番号、担当マネージャーの携帯番号等)
〇「ご長寿早押しクイズ」の出演者リスト表
 (個人の住所、氏名、電話番号等)
〇番組スタッフの連絡先リスト表
 (氏名、電話番号、メールアドレス等)

◆原因について
昨年の秋頃、当人のパソコンを修理に出す際、番組のデータを家族が所有する別のパソコンに移し変えました。このパソコンにはウィニーがインストールされており、1、2ヶ月前から、ウィニーのウイルスに感染しているとの警告が表示されていましたが、この家族は駆除を行いませんでした。このパソコンは先週末、OSを再インストールしており、それまでの間に、情報が流出したものと考えられます。

◆対応について
流出したデータを基に、個人情報が流出してしまったご本人と関係者の方々にご連絡の上、事情説明とお詫びを申し上げました。

◆TBSのコメント
番組出演者と関係者のみなさまに対し、ご迷惑をおかけした事を深くお詫び申し上げます。
個人情報については、厳重に管理するよう指導していますが、今後は、こうした過去に番組に関わっていたスタッフのケースを含めて、さらに徹底してまいります。

以上