TBSと毎日新聞社 こども英語スピーチコンテストを初開催
〜全国の小学生を対象とした初めてのコンテスト〜

2009年3月3日
TBS総務局 広報IRセンター

 株式会社東京放送(東京都港区赤坂5-3-6、井上弘・代表取締役社長)、株式会社毎日新聞社(東京都千代田区一ツ橋1-1-1、朝比奈豊・代表取締役社長)は小学生対象の、初の全国的な英語スピーチコンテスト、「第1回全国こども英語スピーチコンテスト」を共催します。新しい学習指導要領で、2011年度から小学校に外国語活動が正式導入されるのに合わせ、英語で気持ちや思いを伝えることを体感できる機会を子供たちに提供し、英語に対する興味や学習意欲の向上を図ります。
 8〜9月に札幌、仙台、さいたま、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡の8会場で地区大会を実施、11月22日には優秀者を招待して、東京・赤坂Sacas内「赤坂BLITZ」で全国大会・表彰式を行います。それぞれのテーマについて電話での録音で気軽に参加できる新しいタイプのコンテストとしても注目が集まっています。5・6年生の部の優勝者と保護者1人を豪州短期留学に招待するなどの副賞があります。
 東京放送、毎日新聞社の持つさまざまなメディア、ウェブサイトを効果的に結びつけながら運営する「クロスメディア型」のコンテストです。経過はTBSホームページ、TBS系BSデジタル放送会社の「BS-i(4月よりBS-TBS)」、毎日新聞、毎日小学生新聞、毎日新聞社のニュースサイト「毎日jp」、コンテストの公式ホームページなどでそのつど報道していく予定です。

【概要】

  • 参加資格:4月1日時点で日本国内の小学校に在籍する、本人の母語が英語以外の児童
  • 概要:各テーマで、2〜3分のスピーチを電話で吹き込み、その録音内容を審査

    ▽ 1・2年生の部=「わたしのすきな○○」

    ▽ 3・4年生の部=「私の家族」

    ▽ 5・6年生の部=「私の夢」

  • 参加費:1000円
  • 後援:文部科学省(※申請中)、外務省(※申請中)、オーストラリア政府国際教育機構、みずほ銀行、BS-i(4月よりBS-TBS)
  • 協賛:オーストラリア政府観光局、伊藤忠商事、沖電気工業、河合塾、JTB、タカラトミー、ヤマト運輸
  • 協力:Yahoo!きっず、特別協賛は「こども英会話のミネルヴァ」

詳細は公式ホームページで:http://www.kodomo-speech.jp

以上