4月5日(木) よる8:00〜

ぶっこみジャパニーズ11

番宣画像

番宣動画

みどころ

世界のニセJAPANに正しい日本の技術をドッキリ伝授!
『ぶっこみジャパニーズ』第11弾!!

いま世界中で大人気の日本文化「クールジャパン」。しかし、修業もせずにブームに乗っかった「ニセジャパン」が海外で急増中…。そんなダメダメな「ニセジャパン」を、日本が誇るカリスマたちが正体を隠して潜入調査。各分野の和のカリスマが「ニセジャパン」をドッキリ指導し、正しい日本の技術を伝授する!
 大好評につき第11弾! 今回は「アメリカ 和食編」と「アルゼンチン 殺陣編」の2本立て! 3時間スペシャルでお送りする。

放送内容

◆アメリカ・和食編
 アメリカ・フロリダ州マイアミでとんでもない和食店を発見! この店でシェフを務めるイタリア人の男性は、これまで来日の経験はない。彼はスペイン・イビサ島のレストランで日本人に寿司と天ぷらを習い、そこで独自の和食を提供。セレブを相手に1皿1億円の料理を作っていたらしく、自らを“ミリオンダラーシェフ”と名乗る豪快な男だ。
 彼のこだわりは、とにかく盛り付けをゴージャスにすることだという。その言葉通り、天ぷらを盛り付けるのはなんと本人がデザインしたハイヒールやバッグ。天ぷらよりも器の方が目立っており、食べるのに一苦労するかに見えるが、意外にも女性客には人気らしい。他の人気メニューは寿司だ。だが、この店の寿司にはシャリが使用されていない。ライスペーパーでイベリコ豚とレタスを巻いたものがこのお店の寿司だ。シェフは「米を使った寿司はもう古い」と豪語し、“盆栽寿司”と呼ばれる器は、その異名に相応しいキャンドルのオブジェだ。
 そんなとんでもない和食を提供する店に、天ぷら&寿司、和のカリスマ2人が正体を隠して潜入調査! 何も知らないシェフは独自の技術を伝えようと奮起するが、逆にそれが2人のプライドを傷つけてしまう展開に。果たして、和のカリスマ2人は“マイアミの悲劇”を乗り越え、“ぶっこみ”を成功させニセジャパンに正しい日本の技術を伝授することが出来るのか!?

◆アルゼンチン・殺陣編
 アルゼンチンのデタラメすぎる侍集団に、「剱伎衆かむゐ」主宰・島口哲朗が正体を隠して密着! 長年剣術を学び、殺陣パフォーマーとしても国際的に活躍する島口。映画「キル・ビル」の殺陣・振付も担当し、俳優・梅沢富美男も彼の剣術・殺陣を絶賛する“殺陣界の風雲児”である。
 そんなリアル・ラストサムライが潜入するダメ集団は、日本、そして侍が好きでパフォーマンス活動を2年も続けている。しかし、侍の基本動作をなぜか大外狩りだとレクチャーし、楠木正成の名が刻まれたのぼり旗にはなぜか葵の御紋が…。さらに、最強の武器がディフェンス面でも優れているという金棒らしい。
 そんなダメ集団からの怒涛の侍修業に島口は、「侍精神の冒涜に他ならない」と、“ぶっこみ”を決意! 侍マスクショーで成敗する!

おぎやはぎ コメント

 毎回、番組の展開は変わらないんですけど、放送11回目の今回も新鮮に楽しめました。今回は新しい“ぶっこみ”のパターンもありましたし、最後に正体を明かすショーの場面では、シルク・ドゥ・ソレイユのような演出も今後はできるのではないかと、新たな発見もありました。
 今回、ゲストでご出演の梅沢富美男さんはいつもの感じでキレてましたね(笑い)。日本の伝統を大事にされている方なので、そこを守らない人を見ると許せないんでしょうね。
 殺陣編に登場するアルゼンチンのパフォーマーは見どころの一つですね。とにかく殺陣になっていない。下手だけど、知識はたくさんあって、本当に好きなんだなと感心しました。やはり、指導者は大事なんだなと思いましたね。

出演者

MC:
おぎやはぎ(小木博明、矢作 兼)

ゲスト(50音順):
梅沢富美男
関根麻里
玉木 宏
浜口京子
松木安太郎

スタッフ

製作:
IVSテレビ制作
TBS

プロデューサー:
野澤尚弘
須山由佳子

演出:
多田隆人

編成:
岸田大輔
上田淳也

ページトップへ