監修ドクターが解説 “片っ端から、教えてやるよ。”|日曜劇場『ブラックペアン』

INFORMATION

監修ドクターが解説 “片っ端から、教えてやるよ。”
本作の医療監修を担当している山岸先生に、
「ブラックペアン」にまつわるさまざまなギモン
お答えしていただくコーナーです

vol.205話医学的解説③

小春ちゃんの再手術

5話の最終解説は小春ちゃんの再手術です。
小春ちゃんは僧帽弁手術を新形スナイプによって行い、無事に終了したかと思いきや、中隔に感染が見つかり再手術となりました。
中隔は心房中隔の事で、小春ちゃんは生まれつき中隔に欠損があり、そこからスナイプで僧帽弁に到達し僧帽弁置換術を行いました。以前の解説でも書きましたが中隔の欠損のことを心房中隔欠損と言ったりします。カテーテルによる塞栓術や手術による閉鎖術が可能で、安全に行えます。
中隔をスナイプにより閉鎖したものの、その栓がゆるみ、そこに細菌がくっつき感染したとのことですが、中隔欠損のカテーテル手術でこのようなことが起こるという事は非常にまれですのでご安心ください。心臓の中に感染症がおこる、細菌が繁殖するということは、心臓の中に何かしらの構造異常があり、血液の乱流がおこらないとほとんどおきません。感染性心内膜炎というのですが、この病気になる人はほとんどもともと弁の逆流があったり、中隔に穴などが開いていると言われます(4話医学的解説?をご参照ください)。
中隔の細菌が繁殖したところ(感染巣と言います)を切除するために、ダーウィンによるロボット手術を行います。ロボット手術は皮膚を切る大きさも小さくて済みますので出血はかなり少なく抑えられ、輸血困難な小春ちゃんにも手術ができる可能性があります。帝華大の松岡先生は人工心肺を回してダーウィンで右心房を開けて中隔の感染巣を切除するのですが、突然アームが動かなくなり中隔の感染巣周囲から出血してきてしまいます。通常は人工心肺が回っていれば、出血しても吸引して人工心肺に血液を集めて、再度、体に戻せますのでほとんど問題はございません。以前も書きましたが、心臓の中の手術(弁の手術や中隔の手術)は、人工心肺を回した後に大動脈を遮断して心臓の中の血液をすべて吸引して、血液が心臓の中にない状態(無血野;むけつや)にして手術を行います。今回はダーウィンのアームが干渉して、大動脈を遮断している鉗子がずれて、大動脈から心臓に血液が漏れてきてしまい、大動脈→左心室→左心房→中隔→右心房と血液が漏れてきてしまったという事です。よく大動脈の遮断が甘いというような表現をするのですが、大量に血液が漏れてしまうと、人工心肺にすべて吸引できませんので血液はどんどん失われてしまいます。
映像でも少し写っていましたが渡海先生は大動脈の遮断をし直します。そこで超高速で処置をするのですが、渡海先生がいままで行ってきた手術に比べると今回の手術はそこまで難しい手術ではありません。中隔の感染巣を切除して、そこを縫合、その後右心房を縫合する手術でした。ただ時間的制約があり、関川先生、垣谷先生を叱咤しながら東城大パワーを見せつける形となりました。
5話もいろいろかっこいいシーンがありましたが、小春ちゃんの手術を終えた後の「後やっといて」と言って関川先生と垣谷先生を左手人差し指で指さすところはかなりしびれました!

猫田の動きにも注目

二宮さんをはじめその他の役者さんも外科医の雰囲気を醸し出すのがすごくうまいのですが、猫田役の趣里さんも絶妙にできるオペナース(器械出しナース)を演じています。渡海先生に器具を渡す順番を確認してから撮影に臨むのですが、左手にドベーキー、右手にメッツェンの後に、フェルト2枚渡して、4−0針糸を持針器で持って、右手に渡して、ガーゼを近くに置いて、その後4−0縫い終わったら受け取って、糸結びの時に手水(糸を滑りやすくして糸を結びやすくするため特に心臓外科ではよく水を手にかけてもらいます。大きなスポイトみたいなものでかけてもらいます)をかけて、また右手にメッツェンを渡して、糸切ったらメッツェンを受け取って……。で、1回確認すると完璧にできる。器具を渡すタイミングとかも絶妙で、モニターで見ていて次メッツェンだけど、器械台の端に置いてあるけど大丈夫かな?と心配になるのですが、そのタイミングになると、スーッと手が伸びてメッツェンを取って渡海先生に渡す。できる器械出し看護師さんは、常に術野を見ているのですが、自然とそれができている。さらに体温が35度前半くらいの冷静さを常時持っていて、術場を客観視できる。時には点滴であったり人工心肺の用意まで指示したりで、本当に手術室に欲しい恐ろしくできるナースです。
7話も渡海先生と猫田さんの絶妙コンビが炸裂しますので、ご期待ください!!

PROFILE

loading......

イムス東京葛飾総合病院 
心臓血管外科
医長 山岸俊介
日本外科学会外科専門医
日本心臓血管外科学会専門医
2006年慶應義塾大学医学部卒業。
仙台厚生病院、埼玉医大国際医療センター、イムス葛飾ハートセンターを経て、現在イムス東京葛飾総合病院心臓血管外科医長。
  • あらすじ
    STORY
    »
  • 原作
    ORIGINAL
    »
  • 監修ドクターが解説 “片っ端から、教えてやるよ。”
    INFORMATION
    »
  • 医療用語 重要ワード解説
    »
  • インタビュー
    INTERVIEW
    »
  • 現場REPORT
    by. WEB STAFF
    »
  • 新時代の心臓手術─ロボット手術とは?
    ROBOT
    »
  • WEB動画リスト
    VIDEO LIST
    »
  • 放送後30分限定プレゼントクイズ
    PRESENT
    »
  • エキストラ写真館
    EXTRA GALLERY
    »
  • エキストラ募集
    EXTRA
    »
  • 番組オリジナル壁紙
    »
  • ミシュラン × ブラックペアン コラボレーション
    COLLABORATION
    »
- 各サービスのサイトへ移動します -
Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.