ニュース

ア大会、6冠の池江選手がMVP 日本人4人目

9月2日(日)16時10分

【ジャカルタ共同】アジア・オリンピック評議会(OCA)は2日、ジャカルタ・アジア大会の最優秀選手(MVP)に、アジア女子と日本選手の1大会最多記録を塗り替える6個の金メダルを獲得した競泳女子の池江璃花子選手(ルネサンス)を選んだと発表した。
日本選手のMVPは、前回大会の競泳男子の萩野公介選手(ブリヂストン)に続いて4人目で、女子では初めてとなった。
池江選手は100メートルバタフライなど出場した個人4種目を全て制し、リレー2種目の優勝に貢献した。

このページのトップへ

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. 写真:フォート・キシモト