ニュース

競泳代表、アジア大会へ出発 瀬戸「一つでも多く金メダルを」

8月15日(水)11時00分

18日開幕のジャカルタ・アジア大会に出場する競泳男子の瀬戸大也、萩野公介、や女子の池江璃花子らが15日、羽田空港で出発前のセレモニーに臨み、応援メッセージが書き込まれた旗を受け取った瀬戸は「一つでも多くの金メダルを取って帰ってきたい」と決意を述べた。

金メダル量産が期待される18歳の池江は「個人種目は全部優勝したい。MVP(最優秀選手)も取りたい」と笑顔で語り、前回大会MVPの萩野は「一本一本集中してレースしたい」と引き締まった表情で話した。

競泳はベストメンバーで2020年東京五輪の前哨戦と位置づけられる今大会に臨む。

このページのトップへ

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. 写真:フォート・キシモト