注目8競技

みどころ

9月28日(日) 大会9日目のみどころ

午後3時〜
女子レスリング
ほか

午後6時30分〜
女子レスリング
陸上決勝
ほか

レスリング決勝
「女子55kg級」
吉田沙保里
「女子75kg級」
浜口京子
(よる8時〜決勝)
陸上決勝
「男女100mアジア最速決定戦」
ほか

<レスリング>
先日行われた世界レスリング選手権で、
世界大会15連覇を成し遂げた女子レスリングの『絶対女王』吉田沙保里が登場。
今年3月、最愛の父・栄勝さんを亡くした悲しみを乗り越えた吉田。
父の遺志を胸にアジア大会4連覇に挑む。
そして36歳のベテラン浜口京子も健在。
3度目の栄冠を目指し奮闘する。

<陸上競技>
男子100mはアジア最速王決定戦!
日本のエース山縣亮太(慶應大学)
10秒07
張 培萌(中国・ちょう ばいほう)
10秒00
オグノデ(カタール)
10秒04
と各々が9秒台に迫る記録を持ち、大接戦の様相を呈す。
夢の9秒台をかけ“アジア最速”三つ巴の戦いに挑む!
女子100mは福島千里(北海道ハイテクAC)が女王の称号を懸け、アジア連覇に挑む!

■レスリング
女子55kg級
  吉田沙保里
世界が認める最強女王。今年9月、世界選手権で優勝し、前人未到の世界大会15連覇を達成。
亡き父の想いを胸に、アジア大会で目指すは4連覇。

女子75kg級
  浜口京子
世界選手権を5度制覇、オリンピックで2つの銅メダルを獲得した、日本女子重量級のエース。
父・アニマル浜口から注入された「気合」で、アジア大会3度目の金メダルへ!

■陸上
男子100m
  山縣亮太
100mの自己ベスト10秒07は、ロンドン五輪での記録。
大舞台に強い22歳が、アジアの舞台で9秒台に挑む!

女子100m
  福島千里
前回のアジア大会で2冠を達成した、日本女子短距離界、不動のエース。
100mと200mの日本記録保持者。今年は日本選手権200m4連覇を達成。
今大会は連覇&2冠を狙う!

※番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります※

メダルランキング

順位 国・地域 合計
1 中国 151 108 83 342
2 韓国 79 71 84 234
3 日本 47 76 77 200
4 カザフスタン 28 23 33 84
5 イラン 21 18 18 57

※10月4日23時10分現在