競技紹介

テコンドー

日本代表競技概要ページトップ

男子結果

▽80キロ級2回戦 8月22日(水)

エルシャラバティ
(ヨルダン)
優勢
× 江畑 秀範
(日本)

▽80キロ級1回戦 8月22日(水)

江畑 秀範
(日本)
優勢
× アーディアンプラヨゴ
(インドネシア)

▽63キロ級1回戦 8月22日(水)

リヤナゲ
(スリランカ)
優勢
× 本間 政丞
(日本)

▽58キロ級最終順位 8月20日(月)

1金泰勲 韓国
2プラトフ ウズベキスタン
3鈴木セルヒオ 日本
3アショールザデファラ イラン

▽58キロ級準決勝 8月20日(月)

金 泰勲
(韓国)
優勢
× 鈴木 セルヒオ
(日本)

▽58キロ級準々決勝 8月20日(月)

鈴木 セルヒオ
(日本)
優勢
× アリ
(サウジアラビア)

▽58キロ級2回戦 8月20日(月)

鈴木 セルヒオ
(日本)
優勢
× クアンマニ
(ラオス)
  

▽型団体最終順位 8月19日(日)

1韓国
2中国
3フィリピン
3ベトナム

▽型個人最終順位 8月19日(日)

1姜旻成 韓国
2バフティアル イラン
3ポンポーン タイ
3陳靖 台湾

女子結果

▽49キロ級最終順位 8月23日(木)

1パニパック.ウォンパッタナキット タイ
2マンノポワ ウズベキスタン
3山田美諭 日本
3キヤニチャンデ イラン

▽49キロ級準決勝 8月23日(木)

マンノポワ
(ウズベキスタン)
優勢
× 山田 美諭
(日本)

▽49キロ級準々決勝 8月23日(木)

山田 美諭
(日本)
優勢
× ヘラトプラデワゲ
(スリランカ)

▽49キロ級2回戦 8月23日(木)

山田 美諭
(日本)
優勢
× キムトゥエン
(ベトナム)

▽53キロ級最終順位 8月20日(月)

1蘇柏亜 台湾
2河ミン娥 韓国
3アルダンゴロワ カザフスタン
3アウーン レバノン

(長野聖子は2回戦敗退)

▽53キロ級2回戦 8月20日(月)

蘇 柏亜
(台湾)
優勢
× 長野 聖子
(日本)

▽型団体最終順位 8月19日(日)

1タイ
2韓国
3フィリピン
3台湾

▽型個人最終順位 8月19日(日)

1ロスマニアー インドネシア
2サラフーリ イラン
3尹智恵 韓国
3ヤップ マレーシア

(梅原麻奈は準々決勝敗退)

結果競技概要ページトップ

日本代表

男子

プロフィール表記=氏名、フリガナ、生年月日、勤務先・所属先、身長/体重

  • 鈴木 セルヒオ

    スズキ セルヒオ

    1994年10月9日
    東京書籍 株式会社
    177cm / 58kg

  • 本間 政丞

    ホンマ マサノジョウ

    1996年1月6日
    株式会社 ダイテックス
    179cm / 63kg

  • 江畑 秀範

    エバタ ヒデノリ

    1992年8月8日
    株式会社ヤマト
    197cm / 82kg

女子

プロフィール表記=氏名、フリガナ、生年月日、勤務先・所属先、身長/体重

  • 山田 美諭

    ヤマダ ミユ

    1993年12月13日
    城北信用金庫
    168cm / 49kg

  • 長野 聖子

    ナガノ キヨコ

    1995年9月1日
    J:COM大分ケーブルテレコム株式会社
    170cm / 53kg

  • 梅原 麻奈

    ウメハラ マナ

    1997年11月18日
    井上道場
    150cm / 49kg

結果日本代表ページトップ

実施種目

<14種目>
男子7種目
◇58キロ級
◇63キロ級
◇68キロ級
◇80キロ級
◇80キロ以上級(新種目)
◇型個人(新種目)
◇型団体(新種目)

女子7種目
◇49キロ級
◇53キロ級
◇57キロ級
◇67キロ級
◇67キロ以上級(新種目)
◇型個人(新種目)
◇型団体(新種目)

規定・ルール (注)参加人数の増減などで変更する場合があります

■男女とも1ラウンド2分の3ラウンド。
勝敗はKO、RSC、優勢(ポイント差)、判定(同ポイントで審判の差)などがあります
■3ラウンドを終えて同点の場合はゴールデンスコア方式の延長戦を2分行います。
延長を終えても同点の場合は審判の判定になります

【型について】
■個人、団体ともトーナメント戦で行います

結果日本代表競技概要ページトップ

このページのトップへ

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. 写真:フォート・キシモト