競技紹介

スポーツクライミング

日本代表競技概要ページトップ

男子結果

▽複合決勝 8月26日(日)

1千宗原 韓国
2藤井快 日本
3楢崎智亜 日本

▽複合予選 8月25日(土)

1楢崎智亜 日本
4藤井快 日本

▽スピード最終順位 8月23日(木)

1レザ.アリプール イラン
2鍾斉鑫 中国
3アスパルインドネシア
10楢崎智亜 日本

女子結果

▽複合決勝 8月26日(日)

1野口啓代 日本
2史ソル 韓国
3金ジャイン 韓国
4伊藤ふたば 日本

▽複合予選 8月25日(土)

3野口啓代 日本
6伊藤ふたば 日本

▽スピード最終順位 8月23日(木)

1スサンティラハユ.アリエス インドネシア
2プジ インドネシア
3何翠蓮 中国
9伊藤ふたば 日本

結果競技概要ページトップ

日本代表

男子

プロフィール表記=氏名、フリガナ、生年月日、勤務先・所属先、身長/体重

  • 楢﨑 智亜

    ナラサキ トモア

    1996年6月22日
    TEAM au
    170cm / 60kg

  • 藤井 快

    フジイ ココロ

    1992年11月30日
    TEAM au
    176cm / 64kg

女子

プロフィール表記=氏名、フリガナ、生年月日、勤務先・所属先、身長/体重

  • 野口 啓代

    ノグチ アキヨ

    1989年5月30日
    TEAM au
    165cm / 52kg

  • 伊藤 ふたば

    イトウ フタバ

    2002年4月25日
    TEAM au
    161cm / 45kg

結果日本代表ページトップ

実施種目

<6種目>(新競技)

男子3種目
◇スピード
◇複合
◇スピードリレー

女子3種目
◇スピード
◇複合
◇スピードリレー

規定・ルール (注)参加人数の増減などで変更する場合があります

【スピード】
■高さ15mの壁に作られた2つの同一ルートを2人の選手が同時に登りタイムを競います。
予選は左右のルートを1回ずつ登りタイム順で上位数名が決勝トーナメントに進出します。
準決勝の敗者は3位決定戦へ進みます

【複合】
■登った回数(完登)を競うボルダリング、登る高さを競うリード、登る速さを競うスピードの3種目での順位を掛け算してポイントの少ない選手が上位となります。
予選を行い、上位数名が決勝に進出します

【スピードリレー】
■スピードを1チーム3人で順番に登りタイムで競います。
予選、決勝を行います

スピード
参加人数の上位と下位の順で勝ち抜き戦を行い順位が決まる。
 (例:20人の参加だとしたら1位と20位・2位と19位…のように対戦する)
 スピードリレーもスピードの方式と同様に行う。

コンバインド
3日間でスピード・ボルダリング・リードの予選が行われそれぞれの競技の順位を掛け算し数字が少ない上位6人が決勝に進み、4日目に各種目を行い順位が決まる。

例:スピード1位、ボルダリング2位、リード4位のA選手
スピード2位、ボルダリング3位、リード2位のB選手
   
A選手 1×2×4=8ポイント B選手 2×3×2=12ポイント
この場合 ポイントの少ない A選手の方が順位は上になる。

結果日本代表競技概要ページトップ

このページのトップへ

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. 写真:フォート・キシモト