コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

こちらはTBSアニメ「あさっての方向。」のHP、特集・特別記事のページです。


特集・特別記事

●インタビューabout琴美

第5話からはアニメオリジナルキャラクター「汐崎琴美」も登場して、ますます盛り上がる「あさっての方向。」。
人数が少ないゆえに(?)結束の固いキャスト陣にも、新しい仲間が加わりました! そこで、今回は藤村歩さん、伊藤静さん、小清水亜美さんにアフレコ中盤を迎えての感想と、新キャラ琴美についてうかがいました。

アフレコも折り返し地点を過ぎましたが今の心境を、小清水さんはアフレコに参加された感想を教えてください

藤村「考えてみれば、もう折り返しなんだなって感慨深いです。今日収録した話数はすごく幸せなお話で、『こんなに幸せでいいの?』って思うくらいだったんですが……。私たちはこのアニメのラストはまだ知らないので、本当にからだちゃんと一緒にドキドキしたり、ショックを受けたり、喜んだり。心の動きもリアルタイムで実感しながら、一緒に成長していけている気がします。 『からだ』というキャラクターについては、自分の中ではつかみかけてきていますが、それをうまく表現できているかどうか……。なかなか難しいですね。でも、最近では楽しめる比率が上がってきていて、いろいろと発見することも多くなってきています」

伊藤「すでに七話までアフレコが終わっているのですが、未だに椒子を演じているときには『今、大人が混じってなかった?』ということがあります。でも、心が揺れることはほとんどありません。物語は、このまま平穏にいくのかと思いきや……みたいな感じです。これからどんな展開になっていくのか、私も本当に楽しみです」

小清水「実は私は静さんとは別の場所でお会いしていましたし、藤村さんともお仕事でご一緒させていただいたことがあります。明乃ちゃんとも仲良くさせていただいているし……。ですから、あまり心配はしていませんでした。でも、キャストが少ない中、琴美は第5話からの登場だったので、『馴染めるかしら。大丈夫かしら』と思いつつ、『ええいっ』と突っ込んでいきました(笑)。」

琴美というキャラクターの印象を教えてください。

藤村「『からだ日記』には、ライバル出現、って書いたりしたんですけれど……。椒子さんにとっての大事な人、という感じですね。現時点ではからだとは面識はありません。でもからだにとって椒子さんはとってもお世話になっている人で、その椒子さんがお世話になっているのだから(?)、からだにとってはすごい人なのかな、という気がしています(笑)」

伊藤「琴美はさりげなく登場してきましたが、もしかして、椒子が変わるきっかけだったり、ヒントをもらったりするようなキーとなるキャラクターなのかなって思います」

小清水「琴美ちゃんは年相応の明るさを持っていながらも、妙に大人びたことを言ったりしますよね。それがリアルな14歳なのかもしれませんが。琴美は『今』を大切にしている女の子。でも今を大切に生きるのって、意外と難しいと思うんです。彼女はまっすぐ前を見て、『今』が大切だって言い切る。そして、自分の意志で動いている。私からすると、すごく大人な気がして『不思議な子だな』って思います」

現場の雰囲気は、とても和気藹々として楽しそうでした。小清水さんも、参加されたばかりとは思えない程の馴染みっぷり! アニメの中の琴美というキャラは、気が付くと椒子さんにとって重要なキャラになっているのですが、小清水さんも『あさっての方向。』の現場にとって同じく、いつの間にかいなくてはならない存在になっていたようです。そんな琴美の出番は要チェックです! アフレコでも、それぞれのキャラクターに思い入れが深まっている『あさっての方向。』、折り返し地点までもうわずか。目が離せない展開が待っています。ぜひ、藤村さん、伊藤さん、小清水さんと一緒に『あさっての方向。』の世界を味わってみてください。

BACK


メニュー


コピーライト

©山田J太・マッグガーデン/あさって製作委員会TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.