ニッポンを食べつくす ご当地おかわり朝ゴハン

ニッポンの元気は朝食から!佐々木健介がお茶碗片手に朝のメニューにうってつけおいしくて健康にもいい「朝のおかず」を求め旬な食材の産地に伺って収穫をお手伝い。そのご褒美に、産地オススメの食べ方で実食。佐々木健介が美味しく食べ「おかわり!」の声を全国に向け発信します!!

2016年03月25日

「カブ」産地:埼玉・川越市

(写真)

(写真)

(写真)

(写真)

カブのマヨサラダ、カブの皮のしょうゆ漬け

(写真)

<カブのマヨサラダ>
カブ:1個
塩:少々
マヨネーズ:大さじ1
かつお節:適量
海苔:適量
すりごま:小さじ1
胡椒:少々

(1)カブに塩をふってしばらくおいた後、水気を絞る。
(2)その後カブにマヨネーズ、かつお節、細く切った海苔、すりごま、胡椒を加え和える。


<カブの皮のしょうゆ漬け>
(1)カブの皮を、醤油(大さじ4程度)とともにタッパーに漬ける。

カブのコラーゲンスープ

(写真)

手羽先:8本
しょうが:1片
にんじん:1本
カブ:4個
水:1リットル
酒:50ml
みりん:大さじ2
塩:小さじ1
豆乳:200ml

(1)鍋に手羽先、水、酒、みりん、塩、しょうが、にんじんを入れて、アクを取りながら30〜40分ほど煮込む。
(2)薄切りにしたしょうが、にんじん、カブを加え、柔らかくなったら豆乳を加え、一煮立ちさせる。

カブまるごと2色丼

(写真)

<カブそぼろ部分>
カブ:2個
鶏ひき肉:100g
にんにく(みじん切り):1片
しょうが(すりおろし):1片
砂糖:大さじ1
醤油:大さじ1.5
サラダ油:大さじ1/2

<カブの葉部分>
カブの葉:2個分
鷹の爪(輪切り):少々
だしの素:少々
醤油:小さじ2
酒:小さじ2
砂糖:小さじ2
ごま:小さじ2

(1)カブは皮をむき、さいの目切りにする。
(2)にんにく、しょうがを炒めて鶏ひき肉を加えて、砂糖、醤油、カブを加え、煮詰める。
(3)カブの葉と鷹の爪を入れて炒め、だしの素、醤油、酒、砂糖を加え、煮詰めてごまを絡める。

過去の放送分へ