特集「CHECK」

2019年11月22日(金)

グランメゾン東京☆絆のまかない飯

毎週日曜日に放送中のドラマ「グランメゾン東京」。
このドラマの魅力は劇中に登場する本格的な料理。
中でも、木村拓哉さんが演じるシェフが仲間のために作るまかない飯はSNSでも話題に!

(写真)

絆のまかない飯、アッシパルマンティエ

第5話に登場した「アッシパルマンティエ」、いわゆるフランス風ポテトグラタン。

このドラマの料理監修を務め、木村拓哉さんにとって古くからの料理アドバイザーでもある服部栄養専門学校の大野文彦教授に、このアッシパルマンティエを、自宅で作れる簡単レシピにアレンジして再現してもらいました!ドラマの世界観を感じながら召し上がってみては!?

<材料・4人分>
メークイン 3個(600g)
牛乳 150ml
バター 40g
塩 適量

サラダオイル 大さじ1
玉ねぎ 75g

牛挽肉 200g
デミグラスソース 50g(市販のものでOK)
塩、胡椒 少々

バター 10g
椎茸 3枚
エリンギ 1本
マッシュルーム 3個
塩、胡椒 少々

バケット(クルトン) 6枚
天津甘栗 10粒
グリュイエールチーズ 50g(ピザ用チーズなどでもOK)
パセリ 少々

(写真)

<作り方>
①鍋にメークインを入れ、水を注ぎ、塩少々(分量外)を加え、50分茹でる。
ザルにとって皮を剥き、鍋に戻しホイッパーでよく潰す。
☆「グランメゾン東京」では裏ごしをしていますが、家庭でやる場合はホイッパーでよくつぶせばOK!

②牛乳・塩・胡椒・バターを加え、よく混ぜマッシュポテトを作る。

③フライパンにバターを入れ少し焦がしたら切ったきのこを入れソテーし、塩・胡椒をする。

④フライパンに、サラダオイルを入れ、塩・胡椒をした牛挽肉を入れ、両面をこんがりと焼き色がつくまで焼き、バットに取り出す。
☆「グランメゾン東京」では牛テールを赤ワインで煮てほぐしていますが、挽肉でOK!

⑤同じフライパンにサラダオイルを入れ、玉ねぎのみじん切りに塩をして、アメ色に炒める。

⑥そこに④の牛肉を加え、デミグラスソースと合える。

⑦グラタン皿にマッシュポテトを半量敷き、⑤をのせ、平らにのばし、そこにきのこのソテーを敷き詰める。

⑧栗と割ったクルトンを散らし、食感を出す。
☆「グランメゾン東京」では和栗をブイヨンで煮たマロングラッセを使用していますが、天使甘栗でOK!

⑨グリュイエールチーズ(ピザ用チーズなどでもOK)をふりかけ、残りのマッシュポテトをのせて平らにならし、さらにグリュイエールチーズをふりかけ、パセリを散らす。

⑩200度のオーブンで10分焼いて完成。

(写真)

(写真)

俺のフレンチ 第2弾コラボメニューとして、この「アッシパルマンティエ」が登場!

(写真)

提供日:11/18(月)〜※12月初頭までを予定
提供店:
「俺のフレンチ」TOKYO、銀座コリドー街、神楽坂、人形町、横浜、梅田、博多
「俺のフレンチ・イタリアン」赤坂、青山
「俺のビストロ&Bakery」心斎橋 以上10店舗
提供価格:1,628円(税込)

■問い合わせ先
ロケしたお店:俺のフレンチ TOKYO
東京都中央区銀座1-8-19 KIRARITO GINZA B1F
03-6264-4921

月別バックナンバー

「あさチャン!」公式Instagram

「あさチャン!」公式Twitter