コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TVアニメ「AIR」公式ホームページ

スタッフコメント

メニュー


※この記事は3/30に全国各地で配布された号外記事より抜粋しています。

■そのクオリティの高さ、ドラマの面白さで2005年新春スタートしたTVアニメの中で圧倒的な支持を受けた「AIR」。BS-iでの放送は、3月末で終了しましたが、いよいよDVDシリーズが4月から発売開始します。

■さらに、TVシリーズのスタッフが再結集してSUMMER編を特別編として製作することが決定しました。
この特別編は、8月20、21日に東京・文京シビックホールで開催されるTBSアニメフェスタ2005での先行上映に引き続き、BS-iでも放送されます。
この号外で掲載している告知用ビジュアルはキャラクターデザインの荒谷朋恵さん描き下ろし(右の画像)。そして、SUMMER編メインキャスト、西村ちなみさん(神奈役)、神奈延年さん(柳也役)、井上喜久子さん(裏葉役)、からの喜びの直筆メッセージをいただいています。
監督の石原立也さん、脚本の志茂文彦さんには作品への思いを伺いました。

石原立也監督(以下、石原) 「AIR」は自分にとって初監督作品でした。作品自体自分の波長とあっていて、すごくやりがいがありましたし、まだまだ作り続けられたらと思っていましたから、特別編の製作決定は本当に嬉しかったです。

志茂文彦さん(以下、志茂) 「原作のPCゲームを買ってプレイして以来、この作品が好きでしたから、TVシリーズに関わり、自分一人で脚本を書き上げたことで、思い入れも人一倍あります。原作のゲームの内容を12話で全て収めるのは不可能でしたから、今回の特別編で入れきらなかった原作の要素をすくい上げていきたいですね。」

石原 「特別編は、原作のゲームが持っていたコミカルな要素を生かしギャグ主体のものにしようかと思っています。」

志茂 「TVシリーズではどうしても、お話を追っかけていく必要上、原作のギャグシーンを犠牲にしましたからね。特別編では復活させたいなと。」

石原 「TVシリーズに関して言えば、最初に見た人は、何だこのギャルアニメは?と思うかもしれません。しかし、それは大きな間違い!(笑)観終わった後、大きな余韻というか、ある種の感動を与えてくれる作品になっていると思います。」

志茂 「髪の毛のなびきの自然さや細かさ、日常芝居の丁寧さなど、DVDで新たに感動できるシーンがいくつもあると思います。物語の時間軸的な構成もかなり込み入っていますから、そんなところも繰り返して見てもらいたいですね。」

石原 「SUMMER編の、神奈、裏葉、柳也は個人的にも好きなキャラクターです。特別編では彼らの魅力を存分に見せてあげたいと思っています。」

特別編は1話約30分、全2話構成とのこと。今後の情報にご期待ください。

BACK




コピーライト

© VisualArt's/Key/翼人伝承会TBSトップページサイトマップCopyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.