コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです


第13話「黄金の国」
脚本:竹田裕一郎 演出:ユキヒロマツシタ 絵コンテ:ユキヒロマツシタ 作画監督:波風立流


ガダルカナル島に残る米海兵隊を、一人の血も流さず撤退させるため、「みらい」 は“神の矢(サジタリウス)”ハープーンを放ち警告を発した。だが同時刻、「大和」率いる攻撃部隊がガ島に接近。「上陸中の米第一海兵師団を殲滅せんとす」。角松らにガ島撤退を促す「大和」からの通信は、草加の裏切りを告げるものだった。撤退の意思はない!「みらい」経由で回答した角松に、草加は直接交信を取ってきた。


back to INDEX   前回    次回


This page is managed by TBS ANIMATION
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. 
TBSトップページサイトマップ