コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです


第3話「漂流者」
脚本:竹田裕一郎 演出:山名隆史 絵コンテ:古橋一浩 作画監督:森下昇吾

「俺は自衛官だ。人命を救う事に迷いやためらいはない」

角松は海に飛び込み、墜落機に乗っていた海軍士官を救助する。
その海軍士官は少佐で名前は草加拓海。草加は桃井一尉の処置により「みらい」艦内で意識を取り戻す。

ミッドウェー海戦を避け、時空の歪みの入り口と思われるポイントまで戻る「みらい」。
乗員たちは、現代に戻れるかもしれないという一抹の期待を抱くが、結果は・・・

困惑の中、角松は草加に伝える。
「俺達は・・・21世紀の日本から・・・やってきたんだ」。


back to INDEX   前回   次回

This page is managed by TBS ANIMATION
Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved. 
TBSトップページサイトマップ