新人研修日誌2018

【11】外郎売(ういろううり)

2018.8.24 Fri.
担当:宇賀神 メグ
こんにちは!宇賀神メグです。
私たちは滑舌練習のために「外郎売(ういろううり)」を読んでいます。
耳にしたことのある方もいらっしゃるかと思いますが、「外郎売」とは歌舞伎の十八番で、外郎という薬を売るための口上です。
今回は小田原にある、外郎が実際に売られているお店に行き、当主の25代目、外郎藤右衛門(ういろう とうえもん)さんにお話を伺いました。
まずお店の外観。
外郎売には"八方が八つ棟、表が三つ棟玉堂造り。破風には菊に桐の薹の御紋を御赦免あって…"と出てくるのですが、本当にその通りで感動しました!
外郎という薬は銀色の小さい丸薬で、650年も前から作られています。
現存する日本最古の薬だそうです。
その技術は今も変わらず受け継がれていて、全て手作りとのことです。驚きですよね。
外郎さんは、インターネット販売などで販路を拡大させることはせず、地域の方々の健康を守るために必要な分の薬を確保されているそうです。
この考え方からも、昔から小田原の人々とつながり、支え合ってきたことを感じました。
お話を聞いたあとは、みんなそれぞれお土産にういろうのお菓子や薬を買いました^^
loading......

 新人アナ4人のリレーコラム 
〜テーマ:勉強していること
体調管理も仕事の一環ということで、最近は料理を勉強しています。どうしても野菜不足になりがちなので、バランス良い食事を心がけています。

短時間で作れることが目標です!
loading......

チキンステーキ ハニーマスタードソースです!