TBS「アナウンスBoo!!(アナウンサー通信)」

久保田智子の『日日猫猫』

筆者プロフィール


TOMOKO KUBOTA
久保田智子

『どうぶつ奇想天外!』の企画がキッカケで、猫を飼い始めた久保田智子。
仕事をしていても、プライベートでも、常に猫が気になってしょうがないほど猫に夢中な日々。最近は鏡に映る自分も猫にみえてきて、思わず「にゃー」と呟いてしまう。
愛猫は、美しく高貴なロシアンブルーの「モネ」、そしてモネの娘の「マネ」。
アナウンサーと猫2匹の日日猫猫な日記です。
「日日猫猫」の本も是非どうぞ

電子書籍TBSブックス
QRコード
『猫猫猫猫』
詳しくはコチラ

記事

猫もグローバル化中!
ちょっと着物を着る機会があって、マネと記念撮影をしました。凛々しい猫と、着物ってすごく似合う気がします。そういえば、お茶のCMでは着物姿の宮沢りえさんが猫とともに庭を眺めていたっけ。最近売られている着物グッズには、猫柄や猫刺繍が結構見つかりますし。でもこの写真を見て多少の違和感を感じるのです。はじめは私の顔がおすましすぎでいけないのかと思たのですが、あっ!! きっとロシアンブルーと着物の相性... 続きを読む
猫マッサージをしてあげましょう!
こんなあられもない姿で横たわるモネ。最近この体勢が癖になっています。本来猫はお腹を下にして足を曲げて休むことが多く、つまり人間でいう「うつぶせ」が正常です。人間にとっては正常な「仰向け」ではありますが、仰向けになっているモネをみると、人間でいう「うつぶせ」状態のように、骨格のゆがみに影響があったりするのではないかと、人間でいう仰向け、つまり猫はうつぶせで休んだ方がいいのではないかと(あらら、なんだ... 続きを読む
ただいまー!
夏休みから戻りました。とっても楽しい1週間で、落ち着きましたら旅の報告をまとめて特集しいたします。どうぞご期待くださいね! 夏休みの間はモネマネに会えなくてとても寂しかったです。その気持ちは同じなのか、昨日からモネマネはなかなか私のそばを離れないんです。昨夜もベッドの上でモネマネは私にべったり、猫の毛が目に入ってかゆくてしょうがないのを我慢しながら一晩を過ごしました。朝起きたらパジャマは猫の... 続きを読む
日日旅旅 イタリア・ミラノ
さて、日日旅旅の特集の最後を飾るのはミラノです。月曜日に紹介したオリンピック・トリノ大会取材が終わり、短い自由時間で訪れました。ではボンジョールノ! オリンピック取材でイタリアから戻って約一週間。今でもスパゲティーをみると震えだしてしまいます。あれは大会最終日、閉会式まで自由時間があったので、勇んでミラノへ観光に出かけたのでした。おしゃれな街ミラノ、そこに住むマダム達はミラネーゼとよばれ世界... 続きを読む
日日旅旅 久米島
2004年沖縄の久米島での取材。あの頃は本当に緊張していたなと懐かしく思います。では、ハイサイ! プロ野球のキャンプシーズンが始まりました。10月からスポーツ担当に新規参入した私は、初めてのキャンプリポートです。まずは、こちらも新規参入、楽天イーグルスの取材から。場所は、初めて本格的にプロ野球キャンプを受け入れた、沖縄の久米島です。 プロペラ機で空港に到着。球場までの道筋には「メンソー... 続きを読む
日日旅旅 ベトナム・カンボジア
今日は、去年の夏休みにプライベートで訪れたベトナム・ホーチミンとカンボジア・シェリムアップ(アンコールワット)での猫探しの旅へ! 私の愛猫は無事可愛い子猫を出産しました。猫の運命は産まれた場所によりかなり違うようで、今年の夏休みはベトナムとカンボジアに猫観察に行きました。ホーチミンの喧噪の中では、信号のない道路を人間でも轢かれそうになりながら横断するのですから、町中で猫に会うのはなかなか... 続きを読む
日日旅旅 ドイツ
さぁ、今日は2006年サッカーワールドカップが開催されたドイツへ、Have a nice trip! ワールドカップ日本代表は決勝進出なりませんでした。サムライブルーという名 はだれが命名したのかはわかりませんが、海外ではその言葉の通り「侍の憂鬱」と皮肉に映ったかもしれません。 ところで、海外ではいまだに日本では侍が刀を持って歩 いていると思われていることもあるようですが、私は... 続きを読む
「日日旅旅」スタート!
今週1週間夏休みです。「どうぶつ奇想天外!」でもおなじみのある島に行ってきまーす!様々な猿の原種が生息するところで(あ、もうわかっちゃいましたか?)子供の頃から憧れていたところなんです。戻りましたら「日日猿猿」としてブログで特集いたしますので、どうぞご期待くださいね! さて、今週一週間はパソコンからも、モネマネからも遠ざかってしまうため(ちなみにモネマネは私の父が大切に世話をしてくれる予定で... 続きを読む
猫娘
「ゲゲゲの鬼太郎」の人形焼きをもらいました。もしかして、と箱の中を探ってみると、あ!やっぱり!ありました、ありました、猫娘の人形焼きです。私の記憶だと、猫娘は確か鬼太郎に密かに恋心を抱いていたんですよね。それでも報われなくて、なんだかちょっと切なくて、猫娘のあの猫目の怖い顔が妙に愛らしく見えたのを思い出します。 美味しくいただきました、ご馳走様。 続きを読む
タレバンコン開催
とうとうバンド演奏を発表してきました!メインボーカルでエレキギター担当の海保アナウンサーはウエディングドレス姿でかっこ良く歌って弾いていました。すごくきれいで、色っぽくて、うらやましくなっちゃいました。多分ドレスがというよりも、海保さんの幸せオーラが海保さんをよりいっそう輝かしていたのだと思います。10月2日夜7時から放送予定です、みてくださいね! そして、そして、うれしいお知らせです!日日... 続きを読む
猫の肉球はお餅のよう
私のベッドの上で眠るマネはとても気持ち良さそう。手をつないで(というか、私が勝手に猫の足をつかんで)寝ることもあるのですが、肉球はとても柔らかくて気持ちがいい。これがピンク色だとそのふっくら感が写真でも伝わりやすいのですが、ロシアンブルーの肉球はエンジ色で、とても固く汚くみえてしまいますね。 私の手は連日ギターの練習で、指先が相当固くなってきました。はじめは弦に触れるだけで痛かったのに、今で... 続きを読む
ちっちゃーい!
マネが生まれたのが去年の10月、4人兄弟の中で一番体の小さな子でした。もちろん手のひらサイズで、か細い体を傷つけないようにそーっと人差し指の先端で撫でてあげたものでした。 発売されたばかりのipod nanoを購入したのですが、こちらも手のひらサイズでちっちゃーい!そっと指で曲を選んでいると、マネの小さかった頃を思い出し懐かしくなってきました。あの頃は無事育つだろうかととても心配で、ミルクを... 続きを読む
ギター!ギター!ヘタがベターに!
週末はギターの練習に明け暮れました。観客はモネとマネで、私の奏でる不協和音に渋い顔(?)をしていました。ギターも大変なのですが、歌も苦戦中で、どう気持ちを込めたらいいのかわからないのです。 「あなたといるときの、自分がいちばん好き」 と歌うのですが、人によって自分の状態が変わるなんていう性格ではないため、いまいち気持ちがこもりません。というよりも、そもそも歌を感情的に歌うことがどういう... 続きを読む
雨の日は、猫は顔を洗う
台風9号の影響で、東京は朝から雨でしたね。モネは半狂乱で顔を洗っていました。やっぱり、猫が顔を洗うと雨が降るというのは、あながち間違いではないのですね。 猫好き私は、会話の中でもよく猫の表現を使います。 猫に小判 猫の手も借りたい 猫の子一匹いない 猫も杓子も 猫の目にも涙(これは鬼の変形版で、鬼の成句は猫に置き換えが可能な場合が多い。「猫が笑う」「猫に金棒」などなど。ただ「猫... 続きを読む
砂遊びで、宝探し
毎朝毎晩、私は家の中で砂遊びに夢中です。今日も立派な宝物をたくさん見つけました。 子供の頃、公園で遊ぶのが好きでした。中でも砂場で山をつくってトンネルを掘るは欠かすことができない遊びで、友達と左右から掘っていって、貫通して手が触れ合った瞬間は嬉しかったものです。私の場合、それが一人でも楽しめて、左手くんと右手くんが左右から掘り始め、トンネル中央部分で出会い手を握り合った瞬間の恍惚感は今でも鮮... 続きを読む
私が好きなの?嫌いなの?
モネは最近だっこされるのを嫌がります。いやな顔をされると、どうにかもっと近づきたくて、どうにかもっと気に入られたくて、やっぱりしつこくだっこしてしまいます。そうするとモネは般若のような恐い顔で私をにらむので「わかったわかった、ごめんなさい」と諦めて放っておくと、今度はモネのほうからわたしのそばにやってきて、私の横でゴロゴロいいだすのです。なんじゃそれ! 感情の行き来はこんな風にできているんで... 続きを読む
モネの寝場所
モネはいつも窓際の赤い座布団をベッドに眠っています。窓が少し高い位置にあるので、台をおいて、そのうえに座布団を敷いてあげています。なぜかそこが大のお気に入りで、昼間も大抵そこにいて日向ぼっこしています。お腹がすくと私のベッドまでやってきて、喉をゴロゴロ鳴らしながら甘え、餌を貰うと、またまた赤い座布団へ戻って休むのです。この座布団は50センチ四方のとても小さいものですが、モネのささやかなテリトリーな... 続きを読む
「2人の初めての共同作業です」は一昔前の常套句?!
大親友の山田玲奈さんのお姉さんが結婚をすることになり、久しぶりに司会をしました。やけに緊張してしまって、プロフィール紹介では「慶応義塾」が「けいおうぎちゅく」になってしまい、中学から入学しているために、高校でも大学でも「けいおうぎちゅく」を発音しなくてはいけず、その度にいやな汗がでたのでした。普段の生放送とは全く違う緊張で、厳かな雰囲気の中で人を前にして喋るというのは、何年アナウンサーをしていても... 続きを読む

アナウンスBoo!!TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.