TBS「アナウンスBoo!!(アナウンサー通信)」

久保田智子の『日日猫猫』

筆者プロフィール


TOMOKO KUBOTA
久保田智子

『どうぶつ奇想天外!』の企画がキッカケで、猫を飼い始めた久保田智子。
仕事をしていても、プライベートでも、常に猫が気になってしょうがないほど猫に夢中な日々。最近は鏡に映る自分も猫にみえてきて、思わず「にゃー」と呟いてしまう。
愛猫は、美しく高貴なロシアンブルーの「モネ」、そしてモネの娘の「マネ」。
アナウンサーと猫2匹の日日猫猫な日記です。
「日日猫猫」の本も是非どうぞ

電子書籍TBSブックス
QRコード
『猫猫猫猫』
詳しくはコチラ

記事

猫グッズ
私の愛用猫鏡です。どうやらモネも気に入ったみたい。 続きを読む
名前の付け方
「どうぶつ奇想天外!」で出会ったモネ。そのためモネの名前は、みのもんたさんへのオマージュで、「もんた」の「ねこ」でモネ。マネはモネの子供なので、「ママ」の「ネコ」でマネ。私の名付け方はとても印象派なのである。 続きを読む
飲み込まれてしまった本
ヴァージニア・ウルフ「灯台へ」という小説を読んでいます。はじめからパックリと本の世界に飲み込まれてしまい、抜け出せません。なんて小説だろう!そのまま暗唱でもして、ウルフのような鋭い感覚と綺麗な表現で世界を語ってみたい。 「久保田智子はこの上なく誇らしかった。風がそよぎシクラメンがほころびスミレの花が香った、なぜなら彼女は生まれて初めて美しい猫と歩いていたのだから」 うーん、登場人物が間... 続きを読む
日日猫ファミリー募集中
私の周りにも自慢の猫ちゃんを飼っている方は沢山いらっしゃるはずです。ただ猫は散歩をするわけではないため、一体誰が、どんな猫を飼っているのかを知るのは結構大変です。だから私は人のパソコンの壁紙や携帯電話の待ち受けをこっそり覗くようにしています(かなり怪しいですね...)そうすると愛猫家の人は見つかるのので、それぞれの猫ちゃんのとっておきの猫写真も見ることができるのです。今後は日日猫ファミリーとしてこ... 続きを読む
猫猫 イン 岡山
「アイスガールズ」というスケートの特番取材のため、岡山に行ってきました。使用されていたスケートリンクはもともとは製氷場だったそうで、とても古く趣があります。屋上にはネコちゃんが沢山いて、ひなたぼっこをしています。写真を撮ろうと近づいてみたのですが、すごく警戒していて脅かしては悪いので諦めました。更衣室のロッカーには黒猫ちゃんがいました。この子はとってもおとなしくて、微動だにしません。 続きを読む
猫本のすすめ
週末はお天気も下り坂らしいので、ゆっくり猫本読書はいかがですか? 猫本の代表作といえば、 夏目漱石「我輩は猫である」 私も大好きで、モネの心情を表現するときに参考にさせてもらっています。 米原万里「ヒトのオスは飼わないの」 米原さんの作品を私は何度も何度も読み返してしまいます。昨日は「オリガ・モリソヴナの反語法」を再び読み終えました。「ヒトのオスは飼わないの」では、犬や猫がなぜか... 続きを読む
マネとトモコの腹話術
歌舞伎座へ歌舞伎を観にいってきました。今月はどうにかして中村勘三郎さんのコクーン歌舞伎にも行きたいのですが、私は忙しく、チケットもとれなくて、これでは歌舞伎ファン、中村勘三郎グルーピーとして失格だなと思っています。 あーあーあーあーあーあーあー ただいまバカラックの「what`s new pussy cat?」を聴いています。うん、軽快でだんだん気分が晴れてきました。 続きを読む
そんなに腹が減ったのか
視聴者の方から向日葵をプレゼントしていただきました。ありがとうございます。沢山いただいたので、花瓶だけでなく、ワインのボトルもつかって生けています。すると、モネマネが向日葵を食べだしたのです。おいおい、そんなにひもじいの?あれあれ、向日葵は美味しいのだろうか? 続きを読む
猫なで声を猫可愛がり
我輩はモネである。ロシアンブルーの猫である。最近主人のアナウンサーは忙しく働いていて、家にいることが少なく、我輩は自由気ままに家を占領している。普段は入るとピシャリと尻をぶたれる洗濯機の裏や、ステレオの奥も自由に行き来できる。なんたる開放感だろうか。いっそ一生帰ってこなければいいのにとも思うが、腹が減るのだけは困る。アナウンサーが帰ってくると扉まで出迎えてやり、とびっきりの猫なで声で「ミャー」と一... 続きを読む
日がな一日毛づくろい
本当によくペロペロ続けられます。丁寧に体中を毛づくろいして、たまに毛玉を嘔吐します。私が変わりにブラッシングしてあげようとすると嫌がります。嘗めては吐き、嘗めては吐きの無駄な繰り返し、それでも止まりません。大変な物好きです。 人間で例えるとなんでしょうか。私は朝晩お風呂で長湯するのが日課ですが、風呂上がりは真っ赤な茹で蛸状態で「うへぇー」なんて叫びながらイスからしばらく立ち上がれません。それ... 続きを読む
東方神起、モシンネヨー
韓国スター「東方神起」がスタジオに来てくれました!かっこよかったです。爽やかだったです。礼儀正しかったです!トークが終わってから写真を撮らせてくださいと、ドキドキしながらお願いすると、二つ返事で快諾してもらいました。公私混同でファンの皆さん、本当にごめんなさい。しかも出来上がった写真を見ると、私が中心すぎて、私の頭が邪魔しているではないですか!あぁぁぁー。ミアナムニダ。 続きを読む
うわっ、近すぎ?!
前から狙っていた「RICOH GR DIGITAL」をとうとう買ってしまいました。これまで一眼レフ「Nikon D100」を使用していましたが、これからは持ち運びに便利なコンパクトカメラも手に入れ、街で、旅先で、会社で、ばんばん猫写真を撮っていこうと思います。GRを使えばこんな接写も可能で、さてどんな使い方をしようかなー。 続きを読む
白黒の世界!ルビッチで正解!
上の写真は私の実家の猫達、ヒサちゃんとヨシちゃんです。白黒の美しいレディー達です。 さて、白黒のサイレント映画をみてきました。有楽町朝日ホールでドイツ映画祭が開催されていて、エルンスト・ルビッチ監督の「花嫁人形」と「白黒姉妹」がピアノとバイオリンの生演奏付きで上映されたんです。2つともルビッチの遊び心満載で、とても楽しい作品です。特に「花嫁人形」が私は大好きで、コミカルな動きに、愉快な台詞、... 続きを読む
ZZZZZZZZZZZZZZZZ
朝7時に起きて家で様々な作業をしているのですが、眠くて眠くてはかどりません。もうコーヒーを何杯飲んだことか。折角早起きしたのに、これじゃあ意味がないのです。今夜は、前からとっても楽しみだった映画を観に行く予定で、なんとしても午前中に片付けなくてはいけないことが沢山あるのです。ZZZZZZZ あ、いまも少し眠りそうでした。好きなときに好きなだけ眠る猫達はいいなー。 今日はTBSラジオ「こちら山... 続きを読む
私の目を見て...
様々などうぶつを眺めていると、モネやマネにそっくりな表情だなと感心することがよくある。まだネコ科哺乳類のライオンやトラだけになら不思議ではないのだが、時に犬や、馬や、象や、はたまた蛇や、カエルや、カブトムシにまでモネやマネの面影を感じてしまう。よっぽどモネマネが好きなのだと呆れられてしまってはそれまでなのだが、自分なりになぜかを考えてみた。 正確にいうと、モネマネの「眼差し」が他の生き物と共... 続きを読む
猫の使いやあらへんで!!なめんなよ!
ダウンタウンのDVDを友人に借りてみています。面白いですね。すごいですね。松本さんの「大日本人」も観ましたが、やっぱりテレビの松本さんのほうが私は好きです。絶対に笑ってはいけないという条件のもと様々な仕掛けが待ち受けているという人気コーナーですが、そんな条件下では笑うという感情を余計に意識してしまい、いつも以上に笑いに敏感になってしまいます。「笑えない」から「笑う」とは、「日常」から「笑う」の感情... 続きを読む
猫がダーイスキ 本もダーイスキ
私は猫が大好きです。え、知ってるって? 今日はずっと本屋さんで立ち読みしてました。正確にいうとイスのある本屋さんでしたので、座り読みです。(結構私はせこい?)読んでみたい本が沢山あるのはとてもストレスです。日日新刊が発売されていて、過去の素晴らしい作品もまだまだ沢山あって、いったい私の人生でどれだけを読むことができるのでしょうか、正直焦ります。日日猫猫、日日本本です。 続きを読む
大デブ、小デブでーす
部屋の中を走り回る二匹。それいけ!はしれ!と応援しています。どんどん運動してもらって、ダイエットしないとね。時には私も一緒になって走っています。 上の写真ですが、どちらがモネでどちらがマネかわかりますか?娘のマネも本当に大きくなりました。表情に少しあどけなさが残る下の猫ちゃんがマネです。今は私の膝でゴロゴロいいながら休んでいます。あぁ、幸せ♪ 続きを読む
岡山でサワラの刺身を食べてみたかった。
週末は岡山で仕事をしてきました。今度アイスガールズというフィギュアスケートの特番があるのですが、その大会に出場する岡山チームの取材です。個性豊かな選手達で、年齢は上が65才で、下は15才となんとも幅広い!団体競技なので個性を出すよりも調和するのが大切なのですが、なんせこの世代差ですからまとめるのは一苦労です。さて、一体どんなハーモニーを醸し出すのか、どんな演技に仕上がるのか!放送日が決まったらまた... 続きを読む
私はオヤジ!?
司馬遼太郎さんの「関ヶ原」を読んでいます。登場人物にロマンを感じて司馬遼太郎作品には惹かれるのです。寝る前には立川談志師匠の落語をききます。休日には歌舞伎や文楽を観に行きます。相撲も好きです。映画は小津安二郎、成瀬巳喜男、溝口健二が最高だと思っています。好みのタイプは佐田啓二と、なんだか、だんだん自分が何才なのかわからなくなってきます。でもいいものはいいからしょうがないのです。 今日は談志師... 続きを読む

アナウンスBoo!!TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.