【76】地名の読み方:清水大輔の『お言葉ですが…』

地名の「三田」、関東と関西で読み方が違います!知ってましたか?

慶應義塾大学がある港区の「三田」は「ミタ」と読みますが、同じ漢字を書く兵庫県の三田市は、「サンダ市」と読みます。
東京に限らず、全国を見ても「三田市」と表記する市は、兵庫県三田市だけ!(2018年3月20日現在)
ですから、兵庫県「三田市」と出てきたら、迷わず「サンダ市」と読んでください。

しかし、ややこしいのは電車の駅と路線です。
「三田駅」と書いて「ミタ駅」と読むのは、東京都港区芝五丁目にある都営浅草線と都営三田線の駅です。
「三田駅」と書いて「サンダ駅」と読むのは、兵庫県三田市にあるJR西日本と神戸電鉄の駅です。
特に注意が必要なのは、「三田線」という路線!
東京の「三田(ミタ)線」は、目黒駅から西高島平駅までの27駅を結ぶ都営地下鉄の路線です。
兵庫の「三田(サンダ)線」は、有馬口(ありまぐち)駅から三田(さんだ)駅までの10駅を結ぶ神戸電鉄の路線です。
原稿に「三田線」と出てきた時は、文脈を見て、東京か兵庫かを確認してから読む必要があるのです。

* ARCHIVE *

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る