【47】敬語の正しい使い方:清水大輔の『お言葉ですが…』

「皆さんの中でも、存じ上げない方が多いと思います」
…なんとなく言いたいことは分かりますが、同時に違和感も覚えませんか?
そう、敬語の使い方が間違っているのです。
敬語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語と3種類ありますが、
その違いは
尊敬語相手や相手の動作を高めて表現する敬語
謙譲語自分や話の登場人物がへりくだることで、結果相手を高める敬語
丁寧語言い回しを丁寧にして会話している相手への敬意を表す言葉
先程の表現、あえて敬語を使わなければ、
「(皆さんの中に)知らない人も多いと思います」となります。
「知らない」敬語は、
尊敬語「ご存知ない」
謙譲語が対象の場合「存じ上げない」
     が対象の場合「存知ない」
…と、対象が「人」か「物」かによって表現が変わります。
例文を挙げると
【知らないのが「人」の場合】(私は)その方のことは存じ上げません。
【知らないのが「物」の場合】(私は)そのことについて存じません。
冒頭の違和感ですが、
本来自分自身に使う謙譲の表現「存じ上げる・存じ上げない」を皆さん(=相手)に使ったのがいけなかったのです。
正しくは、
「ご存知ない方も多いと思います」となりますね。
難しいですか?
美しく日本語を使えるようになりたいですね。

* ARCHIVE *

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る