【43】「明るみに…」に続く言葉:清水大輔の『お言葉ですが…』

「明るみに…」のあとに、何と言葉を続けますか?
「明るみになる…」という表現は間違いです!
「明るみ」を辞書で引くと、
「光が指して明るくなったところ」「表立ったところ・公の場」とあります。(明鏡国語辞典)
トンネルの中をイメージしてください。 「明るみ」は、「光が指して明るくなったところ」
トンネルを抜ければ「明るいところに出る」と言いますね。
トンネルから外に出て「明るいところになる」とは言いません
正しくは、「明るみに出る
どうしても「〜になる」という表現を使いたいなら、「明らかになる」です。
(この2つを混同して、「明るみになる」という間違った表現が広がったのでは…?とも言われています。)
なお、「明るみに出る」は、良くないことが世間に知れ渡る時に使う言い回しで、
良いことが公になることを「明るみに出る」とは言いません

* ARCHIVE *

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る