公演詳細

コインロッカー・ベイビーズ

イメージ

チケット発売中!

会期公演スケジュール

2018年 7月11日〜7月29日

チケット情報

◆ チケット好評発売中 ◆


【ACTオンラインチケット】
http://www.tbs-act.com/

チケット料金(全席指定・税込):S席 10,000円 A席 8,000円

※未就学児のご入場はお断りいたします
※営利目的の転売禁止

番組情報

「アカデミーナイトG」 4月10日(火)深夜2時31分〜 放送予定
*放送時間が変更になりました

舞台「コインロッカー・ベイビーズ」再演決定、橋本良亮&河合郁人プレミアムトークスペシャル!

主演のふたりをバービーが直撃!お互いに今聞いておきたいことを質問、前回の舞台裏エピソードもぶっちゃけちゃいます。作品の見どころもたっぷりご紹介、お見逃しなく!

番組公式サイトはこちら!
http://www.tbs.co.jp/academy-n/

キャスト/スタッフ

【CAST】 
橋本良亮(A.B.C-Z) 河合郁人(A.B.C-Z)

山下リオ シルビア・グラブ 秋山大河(MADE/ジャニーズJr.) 福士申樹(MADE/ジャニーズJr.) ROLLY 他

【STAFF】 
原作:村上龍 脚本・演出:木村信司

みどころ

現代日本文学の傑作、村上龍原作の『コインロッカー・ベイビーズ』が再びステージへ!2016年音楽劇の新たな世界観を築いた衝撃の舞台、早くも2018年夏、再演決定!!主演は前回に続き、A.B.C-Zの橋本良亮と河合郁人。今回の最大の見どころは、主人公のハシ役とキク役が公演日によって入れ替わるダブルキャスト!!エネルギーにあふれた若者の“魂の叫び”をお届けします!


コインロッカーに捨てられた二人の少年、ハシとキク。
根源的にあるその生命力を舞台で演じたのは、A.B.C-Zの橋本良亮と河合郁人!

2016年、現代を生きる若者の代弁者ともいえるハシ・キクの二人をA.B.C-Zの橋本良亮と河合郁人が演じました。若者の持つエネルギー、純粋さ、可能性、そしてもがきを、熱く、そしてフルコミットで表現し、コインロッカー・ベイビーズの世界初舞台化への歴史を創りあげました。
激動の様相を呈する世界情勢の中の日本で、今、選挙権が18歳から与えられることになり、若者のメッセージに耳を傾けるという姿勢が明確にされました。しかし一方で、どこまでリベラルな思考と行動を未来に反映してゆけるのかと常に問い続けることにもなります。21世紀の将来を見つめ、さらなる発見を求め続けたい。そのためには声にして継続させることが大きな力となってゆく。そんな想いから、「コインロッカー・ベイビーズ」を再びステージにあげ、創作してみたいと思います。

橋本のキク、河合のハシ、ふたりの新たなチャレンジが始まる

本年のコインロッカー・ベイビーズでは新たな試みとして、橋本良亮がキクを、そして河合郁人がハシを、公演期間中にそれぞれを演じる、という未知の世界に挑みます。つまり、今回二人はハシ・キクの両役を演じ、観客は2倍の楽しみ方が出来ることになります。村上龍ワールドの本作品に強い想いを抱く橋本・河合は、ダブル主役であるお互いの、相手の役にも挑んでみたい、という初演当時からの強い思いが実現することになるのです。

実力派キャスト、そして新たなアネモネを迎える

ハシとキクともう一人、若いエネルギーを発するのがアネモネ。ワニを飼い、生物破壊兵器=ダチュラを求め奔走します。不思議な感性を持ち、キクに多大な影響を与えます。今回はROLLYやシルビア・グラフといった実力派に加え、よりミステリアスで魅惑的なアネモネとして山下リオがキャスティングされました。

『コインロッカー・ベイビーズ』とは

1980年に発表された村上龍・原作の「コインロッカー・ベイビーズ」。
発表当時は、衝撃的なセンセーショナルとともに、近未来のSF小説のようにもとらえられていましたが、あらためて読み返してみると、今の若者の「魂の叫び」のように感じられます。コインロッカー・ベイビーズとは、キクとハシ二人のことを指し、彼らを主軸に現代を痛切に描写しています。
密閉されたコインロッカーの中。そこで何も出来ない、何をしても無駄に終わってしまうという、無力感。それは葛藤や屈服、反抗、逃走・・・・そうした姿で今日の若者を表わす、激しくもせつない物語です。

<原作あらすじ>

 コインロッカーに捨てられた子供、その中でかろうじて生き残った二人の赤ちゃん。キクとハシは施設で育てられた後、双子の兄弟として九州の離島に住む夫婦のもとで暮らすことになる。
 感受性が強く優しいハシは、頭よりも身体を先に動かすキクの影に隠れる大人しい少年。しかし、ある時を境に彼は世界中のあらゆる音を聞こうとテレビなど様々な音源に耳を傾けるようになり、その他のことへの関心を失ってしまう。なぜ、彼がそこまで音にこだわるようになったのか?彼ら二人は、物心つく以前、暴力性を制御できない問題児でした。そこである精神科の研究者が心臓の鼓動をもとにしたリズム音によって治療を行い、それを抑えることに成功。そのおかげで彼らは社会に適応できるようになっていた。しかし、ハシはかつて聞いたその音の記憶がとあるきっかけで呼び戻されてしまう。それが自分の母親と結びついていると考え、母親を探しに東京へと旅立って行く。その後、東京でハシは様々な体験をした後、Dと出会い、歌手としてデビュー。その独特の歌唱法によりカリスマ的な人気を獲得してゆきます。
 キクはその内在するエネルギーを「飛ぶこと」で解消していた。陸上の棒高跳びで活躍していたキクは、家出したハシを追って東京へ育ての母の和代とともに出発。東京で突然の和代が亡くなってしまい、彼はひとりぼっちになるが、巨大なワニのガリバーと暮らす不思議な少女アネモネと出会う。彼女とふたりで世界を破壊するため、謎の物質「ダチュラ」を探す約束をする。そんな中、歌手としての話題つくりのために仕組まれた実の母親との対面からハシを救い出そうと、キクが銃を持って会場に乱入。しかしその女性がハシではなくキクの母親だったことが明らかになり、混乱の中、キクは自分の母親を殺してしまう。
 逮捕され刑務所に入ったキクは、「ダチュラ」を探すため、海へと向かう計画を立てていた・・・。
            


<登場人物>

ハシ : コインロッカーに捨てられ、生き延びた。ナイーブな性格
キク : ハシと同じ時に別のコインロッカーに捨てられ、生き延びた。破壊的な性格
アネモネ : 巨大なワニのガリバーと暮らす不思議な少女。
D : ハシの魅力を見いだし、歌手として育てる猥雑なプロデューサー
ニヴァ : ハシのスタイリスト。のちのハシと一緒になるが・・・。

公演スケジュール

日程 7月
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
開演時間
13:00      

     
13:30                
18:00              
18:30      
日程 7月
21 22 23 24 25 26 27 28 29
開演時間
13:00

   

13:30          
18:00        
18:30          
●……キク=橋本良亮、ハシ=河合郁人
○……キク=河合郁人、ハシ=橋本良亮

主催/お問い合わせ

【主催】 TBS PARCO TSP
【企画協力】 新音楽協会
【お問い合わせ】 パルコステージ 03‐3477‐5858(月〜土11:00〜19:00/日祝11:00〜15:00)

赤坂ACTシアターオンラインチケット

TBSイベントメルマガ

TBSイベント情報

ACTオンライン自動発券機

ご利用時間
公演日:10:00〜終演まで
休演日/休館日:休止

6月の休止日
6/5(火)、6/21(木)、6/28(木)

自動発券機での発券方法

お問い合わせ

〒107‐8006
東京都港区赤坂5‐3‐2 赤坂サカス内

TEL
03‐3589‐2277

受付時間
10時〜18時
休演日・ 休館日を除く

休 演日・休館日はこちら

赤坂ACT倶楽部

赤坂BLITZ

赤坂SACAS

IHI STAGE AROUND TOKYO

PAGETOP