現場レポート

日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASON? 毎週日曜よる9時

現場レポート

金沢にて(3)

2018.1.26(Fri)

佐田先生合流後のチーム斑目。さらに愉快なやりとりになっていくのですが、一方で本人たちは、金粉をつける場所ひとつも真剣に話し合い。「どこに貼ったら面白いかなあ」と試行錯誤し、決めた場所だったのですが、「すごいキラキラしてる…もう女子だ」と深山先生。その金粉に吸い込まれてしまったのか、それともやり取りに飲み込まれてしまったのか、重要な打ち合わせのシーンなのにも関わらず「ああああ!!また情報が何も入ってこないよー(泣)」と頭を抱えるのでした。

写真 金粉付いた後の会話はすべてアドリブ…恐ろしい

元WWEプロレスラー ヨシタツ電撃参戦!

2018.1.26(Fri)

28日(日) 放送の第3話にプロレス界の大物、元WWEプロレスラー・ヨシタツの出演が決定しました!

初回放送ではIWGP王者「レインメーカー」 ことオカダ・カズチカさんが出演したのが記憶に新しいと思いますが、第3話にプロレス界の大物、元WWEプロレスラー・ヨシタツさんの出演が決定しました!ヨシタツさんは、全世界に熱狂的なファンが存在する、アメリカを 代表する一大エンターテインメントであり、世界最大のプロレス団体であるWWEでディベロップメント契約(育成選手)から昇格した初の日本人選手として、プロレス界の歴史に名を刻むプロレスラーなのです!破壊力抜群のキックとエキサイティングなファイトスタイルでファンを常に魅了してくれています♪
世界を熱狂させるヨシタツさんが、99.9に本人役で出演!一体、どんな演技をみせてくれるのか…お見逃しなく!

【ヨシタツ選手コメント】
そうそうたる方々が出演されている人気ドラマ『99.9-刑事専門弁護士- SEASON』に出演させていただいて光栄です。
木村監督から「本人役で」と言われたときは、 「何人の人が認識してくれるかなあ?」と不安でした。今もです(笑)。WWEで学んだ自分のつたない演技力を総動員したつもりです。これを機に「ヨシタツ」という名前と “私たちの流行りのポーズ”が浸透していけば幸いです(笑)。プロレスを知らない人は、 これを機にプロレスに興味を持ってもらって、逆にプロレスが好きで(ドラマも)見はじめた人は、ストーリーや俳優さんに興味を持ってもらったら、お互いの業界にとって最高だと思います。
『99.9-刑事専門弁護士- SEASON』思いっきり楽しんでください(^_^)

写真 プロレスラー・ヨシタツさん(右)と、プロレスファンである木村ひさし監督(左)

金沢にて(2)

2018.1.24(Wed)

金沢でも存在感大の明石さん。ふすまを開けたら警察が来ていたので思わず「マ,マチルダさーーーん」と叫んでいましたが、この名セリフ、ご存知ですか?実は監督からお願いされて放った一言らしいのですが、予想外にもアニメを観ながら真面目な完コピでした。その言い切った顔は、誰しもが直視できない表情。見たらツボに引きずりこまれてしまったでしょう…。さらに、2話のキーワード「透明人間」のときの明石の手振りも、ピンクレディーさんの♪透明人間の曲の振り付け。こちらもスタッフに手取り足取り振り付けを教えてもらいながらの明石さん、周りをきょろきょろ「俺だけやけに汗だく…(汗)!!」

写真

金沢にて

2018.1.24(Wed)

金沢の旅館で、旅館のお布団を敷きに来たスタッフさんと明石の攻防。台本には“明石はすごい髪の毛を揺さぶり、威嚇する”としか書いてなく…「台本読んだときは、成立するかな〜って思ってたけど、こういうことなんだなって、今見てわかったよ」と監督も納得の動きだったのです。

写真

佐田家の人々

2018.1.22(Mon)

2話で久々に登場した佐田家の女性陣。会社ではバリバリなお父さんだけど、家では女性陣の尻に敷かれている…なんてよく聞く話ですよね。でも、佐田先生はいつからか職場で深山先生にも敷かれているような気がしますが(笑)。

佐田先生の妻・由紀子さん娘のかすみちゃんはこのシーンで久々の再会だったそうですが、久々とは思えない息のピッタリ加減で佐田先生を追い込んでいました^^また、そのやりとりの撮影に何の打ち合わせもせずに入ったということを知り、さらにって恐ろしいな〜。もう、言い始めたら止まらないんだろうね!」と恐怖におののいていると、追い討ちをかけるように「のんびりしないで!洗い物がしたいのよ!予定があるの!」と、朝食を早く食べろとせかされ「魔女のようだよ(泣)」と、悲しげな背中でコテンパンにやられる佐田先生なのでした。。

ちなみにこちらも久々登場のTTことトウカイテイオー。実は女の子で、この現場でも一度も吠えたことがないという、実におとなしいわんちゃん。2話でも斑目所長のオヒザでゆったりとくつろいでおりました。佐田先生一家は女性に囲まれているおうちですね♪

写真

26年後の事実(2)

2018.1.21(Sun)

この大友さんのお部屋はSEASONから登場していますが、チーム斑目たちは初潜入だったようで、全員興味津々で入出。
リハーサルでは、佐田が隣に座れないように深山がカバンを置く…なんていういつものイチャイチャもありましたが「ふざけないほうがいいかなあ」と深山先生。監督も「2話は深山はずっとシリアスだからね」と真面目に打ち合わせ。大友に入山記録を突きつけるときも、どう見せるのが効果的かと試行錯誤を繰り返し、うーんうーんと煮詰まっていると「ぷはっ」と軽やかな笑い声が。「この入山記録…よく見たら登山家の野口健さんとかの名前入ってる!」と、美術スタッフたちの小ネタをうっかり見つけて、思わず笑みがこぼれた瞬間でした^^

写真 羽津”鯉”神社のお守り

26年後の事実

2018.1.21(Sun)

2話の放送が終了しました!お楽しみいただけましたか?
最後の大友検事正との対峙シーンは、あわせると一日がかり。8時間にも渡る撮影でした。
とはいえ、シーンを小分けにして撮影出来るので「じゃあ、とりあえずここまでやって、休憩を挟みつつやってみましょう」と珍しく監督が弱気になっていると「ここだけにしちゃうの?全部やっちゃおうよ〜」と座長が引っ張ってくれての撮影に。一気に通してやったことで、静かに感情が昂るシーンになりました。

写真

宇崎竜童さんが出演!

2018.1.20(Sat)

いよいよ明日は待ちに待った第2話の放送です。そして、その前に…明日のごご2時からは1話の再放送をしますので、そちらもお見逃しなくっ☆1話をもう一度ご覧になって、テンションそのままで第2話に突入しましょう♪
さらにさらに、再放送中には第2話の特別予告もOAされますっ!SEASON史上ロングverの主題歌入り予告です。こちらも見応えたっぷりなので、ぜひぜひチェックしてくださいね!※放送がない地域の皆さまには、ただただ申し訳ない気持ちでいっぱいのご報告ですが…

さて、深山先生のお父さんの事件にも大きな動きが見られる第2話ですが、第2話放送の前に、次週第3話の28日に登場するゲストの情報が解禁されました!ジョーカー茅ヶ崎というロック歌手の役に宇崎竜童さんの出演が決定しました!誰でも大好き疑惑の明石もファンな茅ヶ崎が容疑者になるところから始まる3話。宇崎さんのほかに、茅ヶ崎に襲われた石川敦子役に安達祐実さん。舞子の裁判官時代の先輩・山内役に松尾諭さん遠藤役に甲本雅裕さんも出演します。3話では、舞子が過去にいた裁判官と弁護士との違いが色濃く描かれるお話になっています。明日も来週もぜひご覧くださいね!

写真

祝★1話!(10)

2018.1.20(Sat)

SEASON
からの新キャストといえば…裁判官側からもう1人。裁判官を演じる鶴瓶さんです。クランクインの日は「久しぶりのドラマだから松本をビックリさせたるわ」とやる気満々。一方の松本潤さんも「どんどんぶつかっていきますね!」と言いながら鶴瓶さんに文字通りどんどんと体当たり…ドラマの深山先生さながらの鶴瓶さんとのじゃれあいにほっこり^^
ナビ番組でも、ちょろっと出ていましたが、1話の最後に深山と川上が初めて対峙するシーンで、本当は「また顔合わせたらよろしくな」と川上がバッチリ決めるところを何度も「顔合わせ(ドラマが始まる前にキャスト・スタッフが一同に挨拶するイベント)よろしくな」と言っちゃう鶴瓶さん。「わざと笑わせようとしてるでしょー」と松本さんからのツッコミに、今度こそは!と一生懸命自己練する鶴瓶さんでしたが、本番ではどうしても「顔合わせ」になってしまい、もう深山先生も舞子さんも我慢できずに大爆笑。
しかし、事件はこのあとに起きたのです。一連の言い間違えは、すべてカメラが深山先生と舞子さんに向いている時だけ!いざカメラが鶴瓶さんの向きで撮影しているときは、なんと言い間違えることなく一発OK。これには深山先生も「自分の時は言えるんですねえ」とニヤリ。それに焦りながら「れ、練習したからや!」と焦りながら答える鶴瓶さんなのでした。

写真

祝★1話!(9)

2018.1.18(Thu)

依頼人と応接室で話すシーンでのこと、久々の応接室での撮影に「この部屋にはいい思い出がないっ!」と深山先生と佐田先生が渋い顔。
どうしてだろうと疑問に思っている舞子さんに「長いセリフのやりとりが多いんだよ。ここでのシーンは!(泣)」と…。でも今回一番苦労したのは…加代を演じた谷村美月さんだったのかもしれません。
監督から「ファイナルアンサーくらいのタメがあったあとに発してください」と言われ、ふんだんにタメながら恥ずかしそうに「脂肪よ、しぼめ」とつぶやく加代。皆が一瞬キョトンとして「笑っちゃいけないのかと思った」とドキドキしていました。
さらにこのシーンで発覚したのは、深山が素数が好きなのではないかということ。点数がだいたいそうなんです!!ぜひそちらもチェックしてみてくださいね♪

写真

BACK NUMBER
PAGE NO.7
  • 現場レポート
  • ファンメッセージ
  • プレゼントクイズ
  • 登場人物
  • 弁護士豆知識
  • インタビュー
  • レシピ 今日のオヤジギャグ グッズ
  • フォトギャラリー 着信音 番組公式アプリ
  • プレゼントクイズ 登場人物
  • 弁護士豆知識 インタビュー
  • レシピ グッズ
  • 今日のオヤジギャグ
  • フォトギャラリー 番組公式アプリ
  • 着信音

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.